1:2014/12/20(土)00:23:44 ID:
東芝は19日、「NAND型フラッシュメモリー」に関する
技術データを不正に取得・使用したとして、韓国の半導体大手
「SKハイニックス」と東芝の提携先の元従業員に計約1091億円の
損害賠償などを求めた民事訴訟で、SK社が東芝に2億7800万ドル
(約332億円)を支払うことで和解したと発表した。

 元従業員の杉田吉隆被告への訴訟は継続する。

 このフラッシュメモリーは、デジタルカメラや携帯電話の記憶装置として
幅広く使われている。訴訟では、東芝と業務提携する米半導体メーカー
「サンディスク」に勤務していた杉田被告が、職場だった東芝の四日市工場
(三重県四日市市)から研究データを無断で持ち出し、2008年に転職
したSK社に提供したとして争っていた。

 東芝は今回の和解を機に、SK社との間で次世代の半導体露光装置の
候補とされる技術の共同開発を行うことなどで合意したと発表した。
半導体事業は技術進歩のスピードが速く、裁判を継続するよりもSK社との
関係回復を優先した。


続き 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141219-OYT1T50103.html


2:2014/12/20(土)00:24:44 ID:
わかってんだろうな、

ああしてきたらこうだぞ。
3:2014/12/20(土)00:53:52 ID:
もう関わるのやめなよ
4:2014/12/20(土)00:57:28 ID:
ろくなことにならないよ
5:2014/12/20(土)01:12:57 ID:
某国と、共同で天然ガスを採掘していてプラントが、ひと通り完成したら「我々の国が単独で採掘を続けるので、もう日本の協力は要らない。」と一方的に切り捨てられた出来事が有りましたよ。
この半導体事業も、良い具合に開発が進んだら、乗っ取られないように気をつけなければ。