ブログパーツ




2014年06月

【在日韓国人】民団で開催の「K-Moveスクール」へ高い関心…ソフトバンク・孫正義のようなグローバル韓人リーダー目指し約150人殺到![6/28]

1:2014/06/29(日)20:12:54 ID:
????[スポーツソウルジャパン|安・ビョンチョル] グローバル韓人リーダーの育成を目指して、
在日韓人会と東京商工会議所が主催した「第1回K-Moveスクール」が28日、都内で開催された。

“K-Move”は、青年たちの海外進出を支援するために韓国政府が推進する雇用政策事業。
これまで海外での就職を希望する若者たちを対象に、就職情報や面接機会などを提供する就職フェアを開催してきた。
今回の「K-Moveスクール」もその一環として行われた事業で、今年初めて在日本大韓民国(民団)で開催された。
留学生と在日韓国人社会の青年たちにグローバル時代にふさわしい人材像や考え方などを提示して、
参加者の就職の可能性を高めようとするのがその狙い。??

1~3部に分かれて行われた今回のイベントには、
7時間に及ぶ長い研修時間にもかかわらず約150人の青年たちが参加し、海外就職への高い関心が確認された。

今回のイベントを主催した在日本韓国人連合会の李玉順(イ・オクスン)会長は、挨拶で
「グローバル競争優位の源泉はグローバルリーダーにある。
その意味で今回の行事は大きな意味があると同時に新しい時代の朝を開く一歩になると思う」としながら、
「未来を準備することに全力を尽くすべきだ。すべての韓人社会が一つになり未来のリーダーを育成していくことが重要」
と「K-Moveスクール」の意味を強調した。

2部には、
「人材のグローバリゼーッションは企業のグローバリゼーッションに追い付いているのか」(早稲田大学経済学術院の白木三秀・教授)、
「グローバル時代とグローバルリーダーの本質」(多摩大学の寺島實郞・学長)、
「ソトバンクの孫正義社長による特別映像」などの講演が行われた。

一方、韓人会と東京商工会議所は、青年たちの就職難を解決するために、
協会レベルでの積極的な支援と「K-Moveスクール」の継続的な開催を明らかにした。

http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/sports_seoul_11778
続きを読む

【韓国】『2対2の合コンしよう…』~誘われて動物麻酔剤で拉致・監禁『九死に一生』(ソウル)[06/27]

1:2014/06/28(土)15:11:45 ID:
合コン出て行って動物麻酔剤に拉致・監禁…束縛解いて脱出『命拾い』



▲『合コン拉致』(写真=ソウル瑞草(ソチョ)警察署提供)

2対2の合コンをしようとしながら男性を誘引して拉致した後身代金を要求しようとしていた一党が警察に検挙された。

ソウル瑞草(ソチョ)警察署は27日、強盗傷害疑惑でチェ某(36)さんとチョ某(38)さんを拘束したと明らかにした。

警察によればこれらは去る1日翌1時20分頃、江南区(カンナムグ)駅三洞(ヨクサムドン)江南(カンナム)駅近隣酒場でカン某(36)さんの酒に動物麻酔剤を混ぜて気を失うようにした後拉致して金品を奪った疑惑を受けている。

調査の結果チェ氏はインターネット条件付き出会いサイトに『スペックが良い男を探す』という題名のチャット部屋を作って、カンさんに「2対2の合コンに共に出て行こう」と提案した。

だが、合コンに出てきた女性たちはチェ氏から1人当り10万ウォンずつ受けた『バイト』らだった。これらはまもなく席を外し、チェ氏は「少しだけ待てば他の女たちが来る」としてカンさんをつかんだ後、酒に薬を乗った。

チェ氏は外で待機中だったチョさんとともに気を失ったカンさんを車両にのせて拉致した。だが、無職だったカンさんが持っていた現金は16万ウォンだけであり、カード限度も90万ウォンに過ぎなかった。

チェ氏一党はカンさんを道峰区(トボング)倉洞(チャンドン)の防音施設になった事務室に一日の間監禁した後、翌日明け方カンさんをトランクにのせて移動した。

警察関係者は「これらはカンさんの家がある道谷洞(トゴクトン)近隣の公衆電話で家族を脅迫しようとした」としながら「幸いカンさんは束縛を解いて良才(ヤンジェ)駅交差点近隣から脱出に成功した」と話した。

警察は知らされなかった犯行がもっとある可能性が大きいとみてチェ氏一党を追及している。

合コン拉致の報せに接したネチズンは「合コン拉致、世の中恐ろしい」「合コン拉致、このようなことが」「合コン拉致、衝撃的だね」等の反応を見せた。

デイリー韓国(韓国語)
http://daily.hankooki.com/lpage/society/201406/dh20140627210039137780.htm
続きを読む

【朝日新聞/社説】フィリピン等へのODA大綱見直し、安倍政権は軍への支援解禁で日本の平和主義を捨てるのか[6/29]

1:2014/06/29(日)19:37:47 ID:
 政府の途上国援助の基本方針であるODA大綱。この見直しに向け、有識者懇談会が岸田外相に報告書を出した。
これまで大綱が禁じてきた軍への支援でも、災害救助など非軍事目的ならば認めてよいとの提言が含まれている。

今年で60年を迎える日本のODAは、報告書が指摘するように
「平和国家として世界の平和と繁栄に貢献してきたわが国の最大の外交ツール」であり、各国から高く評価されてきた。
 それが軍への支援に踏み出すとなれば、従来の方針からの大きな転換である。

 武器輸出三原則の撤廃、そして集団的自衛権の行使容認に向けた動き。安倍政権は「積極的平和主義」の名のもと、
戦後日本が堅持してきた「平和国家」としての外交政策を次々と変えようとしている。
今回のODA改革も、その文脈にある。性急に結論を出すのは危うい。

 台風、地震、津波。ODAの対象となる東南アジアの国々は自然災害と隣り合わせだ。
これらの国々で災害救助に大きな役割を果たす軍に対し、日本がその目的を限って支援することの意味がないとは言えないだろう。

 とはいえ、日本がいかに非軍事という線引きをしても、その線がいつまでも維持される保証はない。
それに、他国からみれば、軍への支援は「軍事支援」にほかならない。

 政府はフィリピンなどへの巡視船供与に続き、軍民共用港の整備も検討しているという。
南シナ海への攻勢を強める中国への牽制(けんせい)が念頭にあるならば、「力には力」の悪循環を招きはしないか。

軍への支援解禁を含む今回の大綱見直しの動きには、現地でさまざまな支援活動に取り組む多くの非政府組織(NGO)が懸念を表明している。
政府は、年内の新大綱決定前にこうした団体とも意見交換する予定という。これを形式的に終わらせてはならない。
積極的平和主義の一方的な押しつけは、禍根を残すだけだ。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html
続きを読む

【朝鮮日報】「韓国人を劣等民族・無気力な民族とみなす日本の歴史歪曲見過ごせない、安重根の平和理論を世界へ」[6/28]

1:2014/06/29(日)22:07:14 ID:
「安重根(アン・ジュングン)義士は『東洋平和論』で、欧州連合(EU)より100年も前に
各国の平和共同体を構想した。韓国だけでなく、世界に広く知らしめるべき偉人」

安重根義士崇慕会は「安重根義士について知らしめる」をテーマに初めて
インターネットユーザー制作コンテンツ(UCC)公募展を開催する。
公募展を主催する同会のイ・ヨンオク理事(68)=成均館大学英語英文学科名誉教授=は
「日本政府が近年、行き過ぎた行動を取っていることから公募展の開催を決めた」と語った。

「第2次安倍政権の発足以降、歴史歪曲(わいきょく)や妄言が大幅に増えた。それにもかかわらず、
韓国政府は積極的な対応を避けている。このまま放置していたら世界は日本のうそに言いくるめられ、
韓国人を劣等民族・無気力な民族と見なすのではないかと恐ろしくなる」

今回の公募展は世界に安重根のことを知らしめるのが目的であるため、
英語によるコンテンツが優先される。

「韓国語で制作する場合は、英語の字幕を付けるといいと思う。帝国主義時代の日本の野望を阻止し、
万国の平和共存のため自らの命を投げ打った偉人がいたことを世界に知らせなければならない。
戦犯国家でありながら、反省どころか被害者のような顔をしている日本の本当の姿も世界が知るところとなるだろう」

2000年末に死去した父の遺言により、安重根義士崇慕会に1億ウォン(現在のレートで約1000万円)を寄付した。
「葬式が終わってから『父が生涯敬慕していた安義士とは一体どんな方だったのだろう』とあらためて知りたいと思った」。

そして安重根が著した『安応七(アン・ウンチル)の歴史』や『東洋平和論』はもちろん、
独立運動家・朴殷植(パク・ウンシク)の『安重根義士伝』などの文書・記録を読みあさった。

「単に敵の指導者を殺害した愛国主義者ではなく、文化や政治を深く理解していた偉大な平和主義者であることを知った。
その決意や思想は世界を一つにまとめる。日本人の中にも尊敬している人が少なくない」。

イ・ヨンオク理事は一昨年に定年退職した後に「安重根アカデミー」を修了し、安重根の広報大使役も務めている。

ムン・ヒョンウン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/28/2014062800842.html
続きを読む

【中韓】習主席訪韓 韓国は対日共闘へ中国取り込み狙い[06/29]

1:2014/06/29(日)22:19:35 ID:
 【ソウル=名村隆寛】中国の習近平国家主席が3日、訪韓する。中国のトップは就任後、北朝鮮を先に訪問しており、
北朝鮮より先に韓国を訪問するのは習氏が初めてだ。韓国では「中国の韓国重視」として極めて肯定的に受け止めている。

 日程は2日間で、朴槿恵(パク・クネ)大統領は3日に習氏との首脳会談に臨む。習氏は国会訪問や大学での演説が
予定されているほか、中韓の財界関係者による会議にも出席する見通しだ。

 首脳会談では、核問題をはじめとする北朝鮮情勢をめぐり、中韓が協力して対処することをアピールするのは必至だ。
日本との歴史問題が議論されることも確実視され、韓国では中国の強硬な対日姿勢に訪韓前から期待感を示している。

 朴槿恵政権は4月の旅客船沈没事故以降、支持率が低下しており、首脳会談を成功させて国民からの支持を回復
したいところだ。

(つづきはソースで)


msn産経ニュース: 2014.6.29 21:29
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140629/kor14062921290008-n1.htm
続きを読む
憂国あんてな・嫌韓ちゃんねる
ギコあんてな
楽天市場
Amazonライブリンク
おすすめ






最新記事
ranking
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ