ブログパーツ アクセスランキング




2014年11月

【国際】中国の道路では人が車に道を譲り、日本では車が人を優先している。そのため、中国人は日本の道路を渡るタイミングがつかめない。[H26/11/28]

1:2014/11/28(金)08:11:41 ID:
2014年11月27日、中国のネットユーザーは、「中国人が慣れない日本」と題して、
日中の違いについて紹介した。以下はその概要

中国の道路では人が車に道を譲り、日本では車が人を優先している。

そのため、中国人は日本の道路を渡るタイミングがつかめない。

トイレにも違いがある。日本のトイレは清潔で、異臭がある所は少ないが、
中国はその真逆だ。

中国人の中には「清潔で異臭がなく、まるでホテル。本当にトレイか?」と
日本のトイレに驚く人もいる。

さらに、中国では成人雑誌は販売が禁止されているが、日本ではコンビニに平然と
並べられている。

これには顔を赤くする中国人も少なくない。

そして、日本のドラッグストアは…(略)

日本のドラッグストアに初めて入る中国人は、興奮のあまり2時間は見て回るだろう。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ

Yahooニュース 11月28日付け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00000013-rcdc-cn
続きを読む

【政治】田母神氏 国家の自立とは軍の自立のことです。日本を取り戻すとは日本軍を取り戻すことです。 [H26/11/29]

1:2014/11/29(土)11:57:29 ID:
田母神俊雄認証済みアカウント
?@toshio_tamogami

国家の自立とは軍の自立のことです。日本を取り戻すとは日本軍を取り戻すことです。
このことを認識している日本の政治家は少ないのです。米国に守ってもらっている限り、
日本の国家政策は常に米国の意を体したものになるのです。公明党は自衛隊の自立には反対です。
自公連立では日本を取り戻せない。

https://twitter.com/toshio_tamogami/status/538523402055610369
続きを読む

【黒田勝弘】ソウルからヨボセヨ 法治主義より放置主義 [H26/11/29]

1:2014/11/29(土)11:52:40 ID:
 長崎県・対馬のお寺からまた仏像を盗んで逮捕された韓国人の話は
韓国でも大きく伝えられ、人びとを舌打ちさせている。
2年前に盗んでいった仏像がまだ返還されてもいないというのに、
実に大胆不敵だ。さすが、地元警察は「またやってくるぞ…」と
待ち構えていた(?)ように今度は逃さず捕まえたが。

(略)2年前の仏像は「元は韓国から略奪したものかもしれないから」
といって日本への返還を保留した裁判所の決定があり、以前には日本から
朝鮮半島産の高価な古陶磁器を盗んでいった泥棒は“義賊”とか
“愛国窃盗”などとして拍手されたこともある。

 最近はさすがにマスコミも「盗んだものはまず返そう」という声が
出るようにはなったが、肝心の政府が国際法を守ろうとしない。
日本大使館前の違法な慰安婦像や集会・デモの放置もそうだが、
日本相手になると「法治主義」を無視する。あれだけ自尊心や道徳性が
好きなのに盗品擁護をはじめこうした「放置主義」は不思議である。(黒田勝弘)

全文 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/141129/wor1411290006-n1.html
続きを読む

【西日本新聞】対馬の観光関係者「また仏像が盗まれたが、韓国人観光客がもっと必要」 マナーの悪さに住民から憤りの声も[11/27]

1:2014/11/27(木)12:42:00 ID:
韓国人による2度の仏像盗難があった長崎県・対馬は日本で一番韓国に近い島。事件から2日後の26日も島は多くの韓国人観光客でにぎわった。
韓国人客は10年で10倍近くに増え、昨年は国内客(約16万人)を上回る18万人超。

 対馬市厳原町のフェリーターミナル。釜山からは船で2時間。日本文化を体験する授業で学生と訪れた大邱大学の南英福(ナムヨンポク)教授(59)は
「長期間の海外研修は難しいが、対馬なら短期間で日本の文化を学べる」
 対馬観光物産協会によると、韓国では3千円で対馬を往復できる船もあるといい、韓国人にとってはまさに「安くて近い島」なのだ。
2012年の韓国人旅行者の経済効果は約33億円(対馬振興局調べ)。

韓国人観光客に対し、車が通る道いっぱいに広がって歩き、道にごみを捨てたり、路上で騒いだりするなどのマナーの悪さに眉をひそめる市民も。
年々改善されているものの、同協会には宿泊施設で夜中に騒いだり、トイレを汚したりするなどの苦情も寄せられる。

12年の仏像盗難事件も解決しない中、再び起きた事件に、観光関係者は「それでも(韓国人観光客に)来てもらわないと困る」
というものの、無関係の市民は不安を隠さない。
同市の60代の主婦は「今後も似たようなことが起きると普段の生活が心配」。
寺社関係者も「誰でもどんどん受け入れたらいいというわけではない」と憤る。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/129588
続きを読む

【小笠原】中国のサンゴ密漁で海底が「白い砂漠」に 「涙が出た」「魚の棲息場所が・・・」地元の漁師ガックリ[11/27]

1:2014/11/27(木)23:54:41 ID:
中国の漁船によるアカサンゴの密漁で、小笠原諸島(東京都)の漁師らがその深刻な被害を訴えている。
あまりにも無残な姿を晒していたというのだ。
「海底の映像を見ると、まるで砂漠のようで涙が出た」

報道によると、密漁の現状を訴える緊急集会が東京都内で2014年11月26日にあり、地元漁師の男性(40)がこう怒りをぶつけた。

集会には、超党派の国会議員や地元の議員、漁師ら約300人が参加した。漁師らからは、
「生態系が壊されている」などと抗議の声が上がり、政府には、海上警備を強化することなどを訴えた。

「中国密漁船団から小笠原諸島・日本の海を守れ」とうたったこの集会は、
小笠原村議会の有志を中心に立ち上げた実行委員会が主催した。
実行委員長の高橋研史村議は、J-CASTニュースの取材に応じ、
漁師の男性が見たという海底の映像は、NHKの取材班が撮影したものだと明かした。

この映像は、NHKで19日朝に放送された「おはよう日本」の中で流された。
NHKでは、最新鋭の水中ロボットカメラを使って、中国の漁船が夜間操業していた場所で延べ15時間にわたって
水深約200メートルの周辺海底を撮っていた。番組の映像を見ると、白く砂のようになっている海底の様子が映され、
漁船が使ったとみられる青い網が何かに引っかかっていた。海底では、20か所近くこのような網が見つかったという。

さらに、折れたアカサンゴも見つかった。専門家によると、断面が新しいため、最近折られたものだという。
海底では、ほかにアカサンゴの姿が見つからず、根こそぎ獲られていたことが分かった。この惨状ぶりに、
出演した漁師は「酷いですね、これ」と嘆いていた。

地元の小笠原島漁協では、J-CASTニュースの取材に対し、密漁の酷さを次のように話す。

「中国の漁船は、多いときでは、最高200隻以上も押し寄せて来たと聞いています。昼は領海外に出ていますが、
夜になると、領海内に入ってきます。夜は無灯火で操業していますので、レーダーで見なくてはならず、とても怖いんですよ。
向こうは、50~100トンの鋼鉄製の大きな船で、こちらは10トン未満のFRP(繊維強化プラスチック)製の小さな船です。
もしも、ぶつかったら、ひとたまりもありません」

わざと追いかけてくるそぶりも見せるため、地元の漁師らは、怖くて操業ができなかったという。

「1週間前に海保が取り締まりに本腰を入れてから、中国の漁船は減ってきています。ここ2、3日は見ないほどです。
今後については、何とも分からず、もう来なければいいのですが...」

前出の高橋研史村議は、次のように懸念を明かす。

「30年ほど前に、台湾の漁船が何百隻も押し寄せて来たときも、サンゴが大量に密漁されて、魚が急に釣れなくなりました。
今になってやっと魚が獲れるようになったというのに、残ったサンゴもやられて、魚がいなくなるのを危惧しています。
中国の漁船が最初20~30隻ほどだったときに政府が動いてくれれば、こんなことにはならなかったと、みんな怒っていますよ」

http://www.j-cast.com/2014/11/27221928.html?p=all
続きを読む
憂国あんてな・嫌韓ちゃんねる
楽天市場
Amazonライブリンク
おすすめ






ranking

メッセージ

名前
メール
本文