ブログパーツ




2014年12月

【韓国】中国朝鮮族の無資格ガイドが横行、「韓国女性は整形中毒で、男性をだますあくどい女性」と侮辱する説明も[12/28]

1:2014/12/28(日)20:00:09 ID:
先月28日午前、景福宮(ソウル市鍾路区)にある思政殿の前で、中国人観光客が集まって輪になっていた。
真ん中で誰かが、棒で地面に、窓の格子に見立てた「田」の字を書いた。ハングルが作られた原理を中国語で説明していたガイドが、声を強めた。
「ハングルは、宮殿の窓を見て作った『窓門文字』です。見てください。窓の形さえなぞっていれば、ハングルが書けますよ」。
ガイドは、下手くそな韓国語で発音しながらハングルの子音を一つずつ書いていった。およそ20人の中国人観光客は大笑いした。
発声器官の形をなぞって作られたハングルの創製原理とは、およそ懸け離れた説明だった。首にガイド証を掛けていない、中国朝鮮族出身の無資格ガイドだった。

 景福宮の交泰殿前では、別のガイドが中国人観光客に「ここで韓国の王妃が日本人に殺された」と説明していた。
明成皇后(閔妃〈びんひ〉)殺害事件のことを言っているのだが、明成皇后が殺された場所は、ここから400メートル離れた乾清宮だ。
「でたらめ解説」はさらに続いた。「殺された人が誰か気になりますか? 皆さんが持っている韓国の5万ウォン札を見てください」。
明成皇后殺害事件を申師任堂(シン・サイムダン)殺害事件にすりかえる説明だったが、中国人は真剣な表情で耳を傾けていた。

 大勢の中国人が訪れる韓国の古宮や歴史遺跡で、韓国の格をおとしめるでたらめな中国語解説がまかり通っている。
「昌徳宮の(先王の肖像を奉安した)セン源殿(センは王偏に睿の字)は、宮殿のトイレだった」
「済州島はモンゴルに支配され、全てがモンゴル式」と歴史をねじ曲げたり、
「韓国の女性は整形中毒で、男性をだますあくどい女性」と韓国を露骨に見下したりする内容が、そのまま中国人観光客に伝えられている。
原因は、無資格の中国語観光ガイドの急増だ。

 正式な観光ガイドになるためには、韓国観光公社が発給する観光通訳案内士の資格を取らなければならない。
韓国史のテストに合格し、別途教育も受けなければならない。ここ数年、中国人観光客が爆発的に増えたことで、
こうしたルートを経ない無資格ガイドが市場に大挙流入した。文化体育観光部(省に相当)や関連業界によれば、
有資格の中国語ガイドの数は約6450人だが、ほぼ同数のでたらめガイドが営業している。

 無資格ガイドの相当数は、短期ビザで韓国に入国あるいは滞在している中国朝鮮族だという。
観光業界の関係者は「2-3年前からガイドの求人難が発生し、中国・延辺などから来る中国朝鮮族が爆発的に増えた。
保証金を払ってホテル暮らしをする朝鮮族ガイドのことを指す『白頭山部隊』という言葉まで生まれた」と語った。
この無資格ガイドのほとんどは、中国語に堪能というだけで、韓国史に関する理解は浅く、とんでもない解説をしでかすのが常だ。

 とはいえ、単に中国朝鮮族のせいにばかりもできない、という指摘もある。
無資格ガイドを量産する真の責任は、韓国の観光業界にあるというのだ。
中国語ガイドのチョンさん(42)は「韓国の旅行会社も、ガイドの質は問わず、『誰がどれだけ物を売れるか』にばかり神経を注いでいる。
『日当なしでショッピングの手数料しか受け取らない』という無資格ガイドを、むしろ旅行会社の側が好んで利用している」と語った。
「旅行会社の側から、無資格者に有資格者の資格証を貸してやるケースも多い」という。

 無資格中国語ガイドが参照するガイドブックもひどい。実際、ある韓国の観光業者がガイドの参照用に作った中国語の案内パンフレットには
「1407年に作られた独立門は、朝鮮王朝が明の使臣を迎えるために作ったもの」
「この門を通過した使節団は、朝鮮王が送った領事による盛大な接待を受けた」と書かれている。
1896年に作られた独立門を1407年に作られた迎恩門と混同している上
「独立協会が韓国の永久独立を宣言するために独立門を作った」という内容はすっぽり抜け落ちていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141227-00000827-chosun-kr
続きを読む

【韓国】「韓米日の軍事情報共有、国民感情とかけ離れている」「日本の軍事大国化・集団的自衛権に正当性与え中国なども反発」 野党が激怒[12/27]

1:2014/12/27(土)14:11:55 ID:
野党第一党の新政治民主連合は26日、韓国、米国、日本による軍事情報共有の取り決めが発表されたことについて
「国民感情とかけ離れており、到底同意できない」とするコメントを発表した。
新政治民主連合のキム・ソンス報道官はこの日行われたブリーフィングで
「日本の軍事大国化と集団的自衛権に正当性を与えるものと受け取られかねない」とした上で
「李明博(イ・ミョンバク)政権当時も密室で韓日軍事情報協定を締結しようとしたが、今回はこれが形を変えたものと考えられる」と述べた。

 キム報道官はさらに「取り決めの本質的な目的がミサイル防衛体制の構築にあるのであれば、これは中国を刺激し外交面で緊張を高める結果を招きかねない」
「国会での批准を避けるため協定を『取り決め』という形にしたことは、単なる小細工であり国民は反対するだろう」と批判した。

正義党のキム・ジョンミン報道官も「2012年に取り消された韓日情報保護協定を違った方法で推進したもので、到底容認できない」
「韓米日による軍事協力は、中国など周辺国の激しい反発を招く可能性が高い」などと反対した。

鄭佑相(チョン・ウサン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/27/2014122700710.html
続きを読む

【JーCAST】中韓を批判し愛国的な「ネトウヨ主婦」は子育て一段落したアラフォーが中心。数は少ないが「2chの影響受けた」と中国共産党も注目[12/28]

1:2014/12/28(日)19:51:48 ID:
韓国や中国を批判し、愛国的な主張を訴える「ネトウヨ」は男性中心のイメージが強いが、意外に女性の姿が目立ち、主婦も少なくない。

この数年、週刊誌に取り上げられ、関連本も出版された。女性を中心にしたネトウヨ団体はネットで活動を盛んにアピールしている。
デモに参加経験がある評論家は「現在、ネトウヨのうち女性の割合は2~3割に上る」と語る。

「週刊現代」(3月8日号)は「増殖中!妻が『ネトウヨ』になりまして」という特集記事を掲載した。
「在日」「マスゴミ」「売国奴」と言葉を発し、夫を驚かせた妻の変わり様を紹介した。
また、北原みのりさんと朴順梨さんの共著「奥さまは愛国」は嫌韓を叫び、ヘイトスピーチを行う主婦をとらえている。

ネット上の保守的な動きに詳しく、デモや集会に参加した経験がある古谷経衡氏は
「ネトウヨが登場し始めた2002年ごろは男性中心でしたが、現在は女性が2~3割占めています」と語る。
民主党政権時の「子ども手当」に対し、「在日韓国人の子どもに支給するな」と反発した女性たちが急増し、
その後、韓流偏向だとしたフジテレビへのデモなどを通じ、活動に定着していったという。

中でも40代前後のアラフォー世代が多く、「子どもが小学校に通って手が掛からなくなり、時間に余裕ができた主婦がネット世論に感化されるケースが多い」
と話す。活動はネットの世界にとどまらず、デモや集会にも積極的に足を運ぶ。
主張を綴ったチラシを各戸に入れる、ポスティング作業で中心的な役割を担っているという。

ネットを見ると「愛国女性のつどい 花時計」「そよ風」「なでしこアクション」といった女性を中心にした組織は数多く存在する。
「マスコミの偏向報道、教育現場での自虐史観授業等に日本の危機を感じています」
「正しい歴史を次世代に繋ぐネットワーク 『慰安婦=性奴隷』のウソに終止符を!」といった主張を展開している。

現実社会での政治活動も盛んだ。現役の政治家を呼んで集会を開いたり、東京・渋谷のハチ公前で街頭演説を行ったりしている。
サンフランシスコでシンポジウムを開いたこともあるという。

「ネトウヨ主婦」の存在は、中国共産党の機関紙「環球時報」(ウェブ版)でも報じられた。
同紙記者は日本で出会った複数のネトウヨ主婦のエピソードをもとに、
「日本と中韓の関係が悪化したため、右翼のたまり場となっている2ちゃんねるの影響を、時間のある主婦が受けてしまったのだろう」と分析した。
記事は中国で拡散し、「日本における軍国主義の土壌は根深い」と波紋を広げた。世界でも認知を広めつつあるかもしれない。

ただ、主張が近い「次世代の党」が衆院選で得票を伸ばせなかったこともあり、古谷さんは「そもそもネトウヨ主婦の絶対数は多くない」という。
「活動に疲れたり、男女関係や金銭トラブルがあったりして組織を抜ける人はいる。
しかし、ネットに数多く存在する主張に触れることで新たにネトウヨ化する主婦もいて、規模はこの数年、安定している」と話す。

http://news.livedoor.com/article/detail/9623985/
続きを読む

【韓国】「韓米日の軍事情報共有、国民感情とかけ離れている」「日本の軍事大国化・集団的自衛権に正当性与え中国なども反発」 野党が激怒[12/27]

1:2014/12/27(土)14:11:55 ID:
野党第一党の新政治民主連合は26日、韓国、米国、日本による軍事情報共有の取り決めが発表されたことについて
「国民感情とかけ離れており、到底同意できない」とするコメントを発表した。
新政治民主連合のキム・ソンス報道官はこの日行われたブリーフィングで
「日本の軍事大国化と集団的自衛権に正当性を与えるものと受け取られかねない」とした上で
「李明博(イ・ミョンバク)政権当時も密室で韓日軍事情報協定を締結しようとしたが、今回はこれが形を変えたものと考えられる」と述べた。

 キム報道官はさらに「取り決めの本質的な目的がミサイル防衛体制の構築にあるのであれば、これは中国を刺激し外交面で緊張を高める結果を招きかねない」
「国会での批准を避けるため協定を『取り決め』という形にしたことは、単なる小細工であり国民は反対するだろう」と批判した。

正義党のキム・ジョンミン報道官も「2012年に取り消された韓日情報保護協定を違った方法で推進したもので、到底容認できない」
「韓米日による軍事協力は、中国など周辺国の激しい反発を招く可能性が高い」などと反対した。

鄭佑相(チョン・ウサン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/27/2014122700710.html
続きを読む

【産経コラム】ソウルからヨボセヨ 鹿が馬に化けた年[12/27]

1:2014/12/28(日)10:25:02 ID:
 指鹿為馬-。全国の大学教授が選んだ、今年の韓国を象徴する四字熟語だという。日本では「鹿をさして馬となす」と読み下す。
自らの権勢を試そうとして、鹿を馬と偽り皇帝に献上した中国・秦の時代の故事から、「間違いを強引に押し通すこと」を意味する。

 旅客船沈没事故で責任を逃れようとした関係者や、“陰の実力者”による国政介入疑惑のイメージから選ばれたのだろう。ある
教授は「多くの鹿が馬に化けた年だった」と振り返った。

(中略)

 今年を象徴する漢字語を庶民感覚で選ぶとしたら「堅果回航」といったところか。大韓航空の“ナッツ・リターン”事件は中国語でこう
表現される。財閥3代目の非常識さに、「ケンチャナ」(気にするな)が口癖の韓国人もあきれ果てた。ただ、これとてなじみのない言葉
である。

 ちなみに韓国では、ピーナツを意味する固有語と、漢字語を交ぜて「タンコン・フェハン(回航)」と言っている。やっぱりこちらの方が、
ビビンバや爆弾酒のようにごちゃ混ぜにするのが大好きな韓国らしい。(藤本欣也)

(前文はソースで)


産経ニュース: 2014.12.27 08:10
http://www.sankei.com/world/news/141227/wor1412270009-n1.html
続きを読む
憂国あんてな・嫌韓ちゃんねる
ギコあんてな
楽天市場
Amazonライブリンク
おすすめ






最新記事
ranking
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ