ブログパーツ




2015年02月

【有田芳生Twitter】米軍への抗議行動はヘイトスピーチではありません。[H27/2/17]

1:2015/02/17(火)11:00:30 ID:

「もう呆れ果てて、コメントする余地すらない。」
「リテラソースと同じだわ。」(・ω・)ノ





抗議行動は「ヘイトスピーチ」 海兵隊幹部、また暴言 - 琉球新報 ryukyushimpo.jp/news/storyid-2…  
米軍への抗議行動はヘイトスピーチではありません。
人種、皮膚の色、国籍、民族など、一定の属性によって特徴づけられる集団に対する
差別の煽動がヘイトスピーチです。
2015年2月17日 - 9:10am

◎有田芳生Twitter 2月17日付け
https://mobile.twitter.com/aritayoshifu



関連記事
【 辺野古新基地建設 】米司令官、高江住民に暴言 反対運動 「反対運動は共産党からお金をもらっている」~カオ少佐「民主主義を支持しない共産党が知事のいすを奪ったのは面白い。」[H27/2/13]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423829583/
続きを読む

【政治】靖国参拝「リーダーとして当然」=安倍首相 [15/02/17]

1:2015/02/17(火)16:25:49 ID:
■靖国参拝「リーダーとして当然」=安倍首相
2月17日(火)16時3分配信

安倍晋三首相は17日午後、衆院本会議での代表質問で、2013年12月に靖
国神社を参拝したことに関し「国のために戦い尊い命を犠牲にした方たちに
対し、尊崇の念を表し、ご冥福をお祈りするのは国のリーダーとして当然の
ことだ」と述べた。
(以下略)(時事)(Yahoo)

↓全文は記事元でどうぞ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00000068-jij-pol
続きを読む

【芸能】ドラマ『永遠の0』が視聴率一桁で民放最下位 "殉愛"騒動の余波か[H27/2/17]

1:2015/02/17(火)21:44:06 ID:
テレビ東京版『永遠の0』が視聴率1ケタで民放最下位!
百田尚樹氏の“痛キャラ化”が原因か
日刊サイゾー(2015年2月17日17時00分)

 テレビ東京開局50周年特別企画として、11日、14日、15日の3夜
にわたり放送された大作ドラマ『永遠の0』の視聴率が、1ケタにと
どまったことが分かった。

 原作は、文庫版の販売部数が400万部を突破した百田尚樹氏の作
家デビュー作。おととし公開された、V6・岡田准一主演の映画版に
続き、2度目の映像化。主演の向井理のほか、桐谷健太、広末涼子、
尾上松也など、豪華キャストが名を連ねた。

 テレビ東京は、山手線で大規模な交通広告を打つなど、巨額の宣
伝費用を投入。放送前、同局の濱谷晃一プロデューサーが「同い年
の阿部Pがテレ東の看板を背負って臨む勝負作。視聴率20%を狙っ
ています!」などとツイートしていたことからも、同局の期待感が
うかがえたが、平均視聴率は第1夜9.0%(ビデオリサーチ調べ、関
東地区/以下同)、第2夜7.5%、第3夜9.9%と、いずれも1ケタだっ
た。

「これほどの制作費と広告費をかけながら、裏番組に惨敗。特に第
2夜は、同時間帯で民放最下位でした。これは、“開局50周年特別
企画”としては、大失敗といえるでしょう」(テレビ誌記者)

 映画版は、興収87.6億円と大成功を収めた同作。放送直前、百田
氏は、Twitterで「映画『永遠の0』は最高の映画だったが、テレビ
東京のドラマ『永遠の0』も、それに劣らぬ傑作」「2時間半の映画
では描かれなかったシーンがふんだんにある」「ドラマは原作をな
ぞって丁寧に作られたもの」と、ドラマの出来に太鼓判を押してい
た。

 しかし、放送前、ネット上では「百田だから見ない」という書き
込みが殺到。どうやら、例の『殉愛』(幻冬舎)騒動で、百田氏に
拒絶反応を示す視聴者が少なくなかったようだ。

(後略)

※全文はInfoseek楽天ニュース(日刊サイゾー)でご覧下さい。
http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150217_628341
続きを読む

【国防】習志野第1空挺団にまた新たな伝説 [H27/2/17]

1:2015/02/17(火)21:40:11 ID:
陸上自衛隊・第1空挺団の降下訓練中に、隊員の1人のパラシュートが十分に開かない
まま降下するという事態が発生。
しかし「隊員にケガはなく、訓練は続行」され、これがネットで話題となっている。

陸上自衛隊・第1空挺団は、千葉県船橋市の習志野駐屯地に本部を置く、日本で唯一の
落下傘部隊。
「大切なものを守るために…私達は精鋭無比を目指します」というスローガンのもとに
編成されたスーパーエリート集団である彼らは、国内外のあらゆる事態に即応するため
に編成された「陸上自衛隊中央即応集団」の一部隊だ。これまで日航機墜落事故、阪神
淡路大震災、イラク復興支援活動、東日本大震災などに派遣されるなど、輝かしい実績
を誇っている。

話題となっているニュースは、2月11日付けの十勝毎日新聞で報じられたものだ。
同紙によると、北海道の鹿追乳牛育成牧場で、隊員170人が参加して高度約340mを飛行
するヘリコプターから降下する訓練が行われた。その際、「隊員1人のパラシュートが
十分に開かないまま降下した」ものの、「広報班によると、隊員にけがはなく、訓練は
続行した」という。

ネット上では、これまで第1空挺団に関して、
「建物の3階から飛び降りて無傷」
「4kgの銃を抱えた一般部隊の隊員が、16kgの装備を担いだ空挺団に笑顔で抜き去られた」
「尻で踏んで頑丈なM2重機関銃を破壊した」など、
真偽不明の逸話がいくつも言い伝えられている。一部では秘かに“第1狂ってる団”という
アダ名さえつけられていた。

(中略)

ちなみに、第1空挺団のHPの説明によれば、「高度約340mを飛行するヘリコプターから
降下する」訓練は、「東京タワーの高さから新幹線とほぼ同じ速度の航空機から降下を
行うイメージ」だそうだ。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ

r25 2月16日付け
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20150216-00040625-r25
続きを読む

【政治】自衛隊の防護対象国「米国以外、国連軍地位協定の締約国も含まれる」 グレーゾーンで防衛相 [H27/2/17]

1:2015/02/17(火)14:20:00 ID:
 中谷元防衛相は17日午前の記者会見で、他国からの武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」で
自衛隊が防護する他国軍について「今でも朝鮮戦争時の国連軍地位協定がある。その国には米国以外の
国も含まれている」と述べた。オーストラリアなど国連軍地位協定の署名国を、自衛隊法95条「武器等防護」
の援用対象とする考えを示した発言とみられる。

 中谷氏はまた、防護の対象国を「わが国の防衛に資する活動に現に従事している外国軍の部隊」とした上で、
そのような国は「米軍に限られるものではない」と強調した。(略)

 国連軍地位協定は朝鮮戦争に伴い、昭和29年に日本に滞在した国連軍に対する刑事裁判上の優遇措置などを定めた協定。
同協定には現在、米豪両国のほか、カナダ、ニュージーランド、英国、南アフリカ、フィリピン、フランス、
イタリア、トルコ、タイが署名している。

全文 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/150217/plt1502170009-n1.html
続きを読む
憂国あんてな・嫌韓ちゃんねる
ギコあんてな
楽天市場
Amazonライブリンク
おすすめ






ranking
メッセージ

名前
メール
本文