ブログパーツ




2015年03月

【東海新報】外務省HPから「日韓は基本的価値観を共有」記述が削除されたのは妥当。韓国と日本は価値観が違いすぎる[3/7]

1:2015/03/07(土)14:52:50 ID:
☆★☆★2015年03月07日付

日韓首脳会談が頓挫のまま両国関係が冷却化の一方という現状を打破するにはどうすればいいか?という疑問に対し、
これまであった甲論乙駁が次第に鳴りをひそめ、日本国内には「これ以上は放っておけ」という空気が流れ始めた。

▼韓国の大統領が李明博氏から女性の朴槿惠氏に代わって両国の仲は濃密になるだろうという期待が少なくとも日本側にはあった。
李氏が人気挽回のためであろうとは言え、竹島に上陸して「わが領土」とポーズを取って見せた姿に日本人は反感を覚えずとも、
好印象を持たなかったことだけは確かだ

▼元日本陸軍中尉で、親日家でもあった父の朴正煕大統領の娘だから当然という期待感も空しく大統領就任後は、
日本の歴史認識不足を一方的に責め立てるばかりで、諸外国の歴訪でも「告げ口外交」を繰り返し、
両国関係の修復はおろかむしろ悪化を促すような言動に終始している

▼それでも「ドアは常にオープンにしている」と辛抱強く軟化を待ち望んでいた安倍首相もついにはしびれを切らしたらしく、
外務省が韓国との2国間関係を紹介する同省のホームページで従来使っていた友好的な文言を削除したのは、
政府の意向を忖度してのことと思われる

▼削除されたのは「基本的な価値を共有する」という文言で、けだし妥当なところだろう。
あまりに彼我の価値は違いすぎるからだ。
これとは別に日本政府の対韓政策にある変化が見られるようになった。それは「話せば分かる」外交と訣別したことだ。

http://www.tohkaishimpo.com/scripts/column.cgi
続きを読む

【韓国】2028年夏季オリンピック…釜山・蔚山・慶南が共同誘致推進[03/07]

1:2015/03/07(土)14:08:03 ID:
釜山・蔚山・慶南が2028年夏季五輪の共同誘致に本格的に乗り出した。

釜山市は12日、市役所小会議室で釜蔚慶の体育担当局長が集まって2028年夏季オリンピック共同誘致のための実務協議会
を持っていると6日明らかにした。

釜蔚慶は実務協議会を介して共同タスクフォース(TF)を構成する予定である。 TFは、各市・道体育担当課長とチーム長ら6人
で構成されている。釜蔚慶は実務協議会で出てきた内容をまとめ、6~7月に正式覚書(MOU)を締結して、来年1月妥当性調査
を含む「2028年夏季五輪招致基本計画用役」を共同発注する計画だ。釜蔚慶は、このような手続きを経て、2017~2019年の
大韓体育会と政府からオリンピック開催計画の承認を受けるという目標を定めた。

市は、釜蔚慶の体育施設をすべて活用すれば、経済的なオリンピックが可能で、都市間の連携開催を誘導する国際オリンピック
委員会(IOC)の方針にも一致すると見ている。

ソース:国民日報 2015-03-06 09:43(機械翻訳)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=005&aid=0000746091
続きを読む

【中央日報】リッパート大使襲撃事件でむしろ韓米関係に前向きな状況が表れた 「リッパート効果」がテロに勝った[3/7]

1:2015/03/07(土)14:47:15 ID:
<駐韓米大使襲撃>「リッパート効果」 テロに勝つ
2015年03月07日08時59分 [中央日報/中央日報日本語版]

在韓米国大使館の前に6日、リッパート大使の快癒を祈願する花束が置かれている。
後ろに「私はリッパート」という文字が見える。

「一緒に行きましょう」「セジュン(リッパート駐韓米大使の息子のミドルネーム)のパパ、
がんばってください」「少数の過激主義者がしたことです。ほとんどの韓国国民はあなたが好きです」。

リッパート大使(42)のツイッターに書き込まれたコメントだ。襲撃事件の後、韓米同盟の
重要性を強調する世論が広まっている。深刻なけがにもかかわらず、「一緒に行きましょう」
というメッセージを送ったリッパート大使の毅然とした対処が、韓国国民の反響を呼んで表れて
いる「リッパート効果」だ。

6日午後、リッパート大使のツイッターのフォロワー数は1万人を超えた。事件前のフォロワーは
1000人に達していなかった。リッパート大使のブログにも600件以上のコメントが付いた。
快癒を祈る応援がほとんどで、リッパート大使のコメントに呼応して「(韓米が)一緒に行こう」と
応える市民も多い。

襲撃事件の初期は韓米同盟に及ぼす悪影響を懸念する声が多かったが、むしろ両国関係に前向きな
状況が表れている。最近、シャーマン米国務次官の発言で悪化した対米世論も弱まっている。
リッパート大使を攻撃したキム・ギジョン容疑者(55)は印刷物に「米国が日本の集団的自衛権
主張に沈黙した」という内容まで入れ、反米情緒を刺激しようとしたが、「リッパート効果」の影に
隠れて反対の現象が起きているのだ。

尹徳敏(ユン・ドクミン)国立外交院長は「リッパート大使が築いた公共外交により世論も
友好的」とし「米国は2002年のミソン・ヒョスン事件(議政府米軍装甲車女子中学生轢死事件)
などがあり、公共外交を重視するよう外交接近法を変えたが、リッパート大使がこれを忠実に履行した」と分析した。

リッパート大使は事故直後、オバマ大統領、ケリー国務長官、ラッセル国務次官補と相次いで
電話をした。そしてケリー長官がまずツイッターで「韓国国民の配慮に感謝している」と伝えた後、
リッパート大使もツイッターに「多くの方々の関心に感動した」とコメントした。さらに尹炳世
(ユン・ビョンセ)外交部長官とも電話をした。

米国務省は5日(現地時間)、「韓米同盟は強固」という公式立場を出した。ベン・ローズ
国家安全保障会議(NSC)副補佐官は「リッパートと韓国国民のきずなは我々の同盟を強化
する方向につながるだろう」と述べた。韓国政府も5日、緊急NSC常任委会議を開いたのに
続き、6日には党・政府・青瓦台会議を開き、韓米同盟を強調した。

韓国外国語大のナムグン・ヨン政治行政言論大学院長は「親韓のリッパート大使が標的となり、
米国国民と政治家が心理的に受けた衝撃が大きいという点を看過してはいけない」とし
「政府は公共外交を通じて米国内に反韓感情が広がらないようにしなければいけない」と助言した。

http://japanese.joins.com/article/441/197441.html?servcode=A00§code=A20&cloc=jp|main|top_news
続きを読む

【米韓】駐韓米大使襲撃事件、米国市民からは在韓米軍撤退を求める声も・・ネチズン「絶対にダメ」「撤収したら韓国崩壊」「この程度で大騒ぎするな」[3/6]

1:2015/03/06(金)19:25:28 ID:
韓国・東亜日報は6日、米国のマーク・リッパート駐韓大使が民族主義団体代表の男に襲撃された事件を受け、
米国では米政府が米韓同盟の堅持方針を強調する一方で、市民からは在韓米軍の撤退を求める声も上がっていると報じた。

記事によると、米国務省のハーフ副報道官は5日、
「米韓同盟は強固で、非常識な暴力行為によって両国関係が阻まれるものではない」と強調した。

ただ、米国市民の反応は政府とはやや異なっている。あるスポーツコラムニストは
「一般の人は『韓国の警察は何をしているのか』と思うだろう。私もそう思う。韓国政府に失望感がないと言えばウソになる」と指摘した。
また、ニュースを伝える大手メディアのコメント欄には「韓国の若者の中には『米国が南北統一の妨げ』という認識を持つ者がいる」といった意見のほか、
「在韓米軍は撤退すべき」「なぜ韓国警察は狂人を大使に近づけたのか」といった過激なコメントも見られるという。

これに対し、韓国ネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。

「絶対にダメ。米軍がいたから、強国の間で何とか声を出してこられた。撤収したら、誰も気にかけてくれなくなる」
「米国大使に少し被害を加えたからって大騒ぎしすぎ。なんでそんなに震えているの?」

「死刑制度を復活させろ。反米感情は特定の地域にしかない」
「記事以上に反韓世論が出ていそうで、怖い。一番仲良しの同盟国でこんなことが起きたなんて」
「米国人は裏切られたと思っている」

「駐韓米軍はそんなに必要ないと思うが、経済的な問題は大きい。米国との同盟が解体されたら、経済的利益が得られなくなるかも。
ヨーロッパだって米国の干渉から離れたがために、今のように不況に苦しんでいる」
「撤収したら韓国は崩壊」

「韓国の警察は何をしていた?」
「あいつは米国に渡せ」」
「米国では世論が大切。こういう世論が出ているのは怖い」

「オバマの構想は、駐韓米軍を最小化し、日本を中心に東北アジアを再武装させ、中国の膨張をけん制すること」
「こんな腐った国を米国が保護する価値はあるのだろうか。テロ犯は米国に送還せよ」
「駐韓米軍の撤収は自由民主主義の退歩を意味する。米国民もこれをよく知っているはず」

「米国世論も世論だけど、大統領が黙っていないと思う。韓国の警護があまかったから起きたことだから」
「CNNを見てみろ。韓国は米国世論ではテロ国家みたいに扱われている。航空母艦を派遣しろなどの発言も出ている」(編集 MJ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000026-xinhua-cn
続きを読む

【米韓】駐韓米大使襲撃、「カッチ・カプシダ(共に進みましょう)」メッセージに広がる好感…「セジュンのパパ、頑張って!」[03/07]

1:2015/03/07(土)21:30:19 ID:
 ソウルで襲われ顔を約80針縫う大けがをしたリッパート駐韓米国大使(42)について、大使が入院中のソウル市内の病院関係者は
7日、大使は順調に回復しており、11日ごろには退院できるとの見通しを示した。

 大使は5日朝に襲われ負傷したが、同日夕にはツイッターで「私は大丈夫。米韓同盟を進めるためできる限り早く復帰する」と英語で
書き込んだのに続き、ハングルで「カッチ・カプシダ(共に進みましょう)」と書き、韓国社会への変わらない親近感を強調した。米韓関係
への悪影響を最小限に抑えようとする大使の姿勢に、韓国の保守派を中心に好感が広がっている。

 大使は昨年10月赴任後、韓国語を学び、今年1月に生まれた息子に「セジュン」という韓国風のミドルネームを付けた。事件の後、
「セジュンのパパ、頑張って」などの書き込みがインターネットで相次いでいる。保守系紙は、大使が米韓の「血盟の象徴」だと
持ち上げている。

ソース(IZA・共同通信) http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/150307/wor15030717170022-n1.html
写真=7日、ソウルの米大使館の近くでは大使の回復を祈るクリスチャンらによる祈念集会が開催された(AP)




続きを読む
憂国あんてな・嫌韓ちゃんねる
ギコあんてな
楽天市場
Amazonライブリンク
おすすめ






最新記事
ranking
メッセージ

名前
メール
本文