1:2016/03/26(土)06:43:54 ID:
【痛快!テキサス親父】慰安婦問題の決定的資料を見つけたぜ 米陸軍の公文書に興味深い記述 (1/2ページ)
2016.03.25

(略)

 もう1つ、慰安婦問題に関する決定的な資料を見つけ出したぜ。

 慰安婦問題について記した米国の公文書といえば、米国陸軍が1944年、
ビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人を尋問した調書(ナンバー49)が有名だが、
米国陸軍の別の書類が出てきたんだ。

 そこには、ナンバー49と同様、「慰安婦は高給取りで、雇用されていて、慰安所(売春宿)は
一般の契約業者によって運営されている」と書かれていた。さらに、
「(日本兵が)避妊具を使用しない場合、重罪に処せられる」ともあった。

 慰安所の利用料金も記されており、日本人慰安婦と朝鮮人慰安婦では料金が違うという。
以前、歴史学者の秦郁彦氏が、慰安婦は「約半数が日本人で、2割程度が朝鮮人」と書いていたが、
相当数の日本人慰安婦がいたことが分かったぜ。

 慰安所の規則には「慰安婦がふさわしくない行動をとった場合は解雇される」とあった。
慰安婦が雇用されていた証拠だ。「性奴隷」ならば解雇はされないからな。

 そのほか、「毎週木曜日に慰安婦全員が、月に2回、慰安所の経営者と家族も、
医者の検診を受けなければならない」とも記されていた。
経営者は一般人で、家族とともに経営していたわけだ。

 外務省の杉山晋輔審議官は今年2月、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれた
女子差別撤廃委員会で、日本政府代表として
「政府発見の資料には軍や官憲による強制連行を確認するものはなかった」
「性奴隷は事実に反する」と明言し、吉田清治氏や朝日新聞の責任に触れた。

 今回見つけた米国陸軍の書類には、杉山氏の発言を裏付ける、さまざまな興味深い内容が書かれていた。
どうして、これがもっと広く知られていないのか不思議だぜ。

以下略 全文 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160325/dms1603251140005-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160325/dms1603251140005-n2.htm


2:2016/03/26(土)06:50:15 ID:
日本のマスゴミと、害務省が封印してるから。
3:2016/03/26(土)07:00:06 ID:
>>1 「(日本兵が)避妊具を使用しない場合、重罪に処せられる」

避妊具って、「突撃一番」「鉄兜」ってやつ?
4:2016/03/26(土)07:26:30 ID:
>もっと広く知られていないのか
日本を冤罪にしたい米国や世界のマスコミや知識人たちですからね。
知らない訳なくて、知らせないだけ。
冤罪になるような事象だけで騒いで、自白の強要をさせて次に別方面で自利益のために利用する人たち。
5:2016/03/26(土)07:57:46 ID:
見つけた資料の全容を公開して欲しい
6:2016/03/26(土)07:59:41 ID:
テキサス親父いったい何者なんだ
7:2016/03/26(土)08:10:01 ID:
女子差別撤廃委員会ってそんなに権威のあるありがたい組織なの?
こないだ皇室の女系指向にケチつけたときに正体が完全にバレたようにしかみえないんだけど

結局のところ、国際社会には、個々の国家から政治的法的責任を包括的に吸収する機関が存在しない。
国家より上級の権威が無いというのが実情で、国連のように一見それがあるように見えても、詳細に分析すれば
それは錯覚でしかないと、誰にでも判る。

なのに、女子差別撤廃委員会なんてクソにも満たない組織で決定された指針に従わなければならないような雰囲気を
マスメディアも一部政府機関も醸し出してきた。もうその手口、いいかげんにしてくんない? >反日攪乱分子共
8:2016/03/26(土)08:12:27 ID:
>>7 女系指向→女系回避指向
9:2016/03/26(土)08:19:17 ID:
>>7
国連は国際社会の交渉舞台でしかないんだろうな
クマラスワミ報告の慰安婦関連記述は吉田清治の虚言に依拠している
というのに、結局固定化されている

これを学術的に覆すのは比較的容易だとしても
政治的には至難の業ということに一応なっている

外務相次第だったんだけどね
10:2016/03/26(土)08:33:42 ID:
>>9
字をまちがえた。外務『省』だ。

あとメディアに関しては詐話師吉田清治の大ウソが国際社会に通用した大原因は朝日新聞の大阪夕刊をはじめとした
30年弱の報道にもあるのだから、朝日新聞の慰安婦報道が国際社会に深刻な影響を与えたのは疑いのないところ。

「朝日新聞報道は国際社会に深い影響を与えなかった」と結論づけた第三者(自称)委員会はお手盛りの依怙贔屓のインチキ。
11:2016/03/26(土)17:13:07 ID:
クマラスワミ報告書に対して、当時の外務省は反論文書を提出している。
ところが、当時の国連大使が外務省を恫喝して、反論文書を撤回させてしまったのが致命的。
この国連大使は、河野談話の発表三日前に外務省の事務次官を退官しているが、談話の作製に大きく関わっているのは疑いようがない。
この売国奴を十三階段送りにし、係累も財産没収ぐらいにして見せしめにしないと、諸外国には慰安婦の捏造問題が伝わらないだろう。
特に中華圏では九族に及ぶ誅滅を以て示す以外に伝わらないと思う。