1:2017/01/17(火) 07:37:28.25 ID:
★慰安婦像制作費は1体300万円 土産用ミニチュアも販売中
2017.01.1707:00

韓国・釜山の日本総領事館前に新たな「慰安婦像」が設置された。
2015年12月28日に慰安婦問題日韓合意が結ばれてから1年あまり。
日本側は、首相の声明として元慰安婦らに対し、「心からおわびと反省の気持ち」
を表明したうえで、韓国政府が設立する元慰安婦の支援財団に10億円を拠出し、
すでに約束は履行済みである。

一方の韓国側は、ソウル市の在韓日本大使館前に設置された慰安婦像について、
「適切に解決されるよう努力する」としたが、いまだに撤去されていない。
それどころか、像はどんどん増えているのだ。

そもそも韓国政府はこの間、「慰安婦の少女像は民間が設置したものであり、
政府があれこれと言える問題でない」という理屈で対応を先延ばししてきた。
釜山総領事館前の慰安婦像も、メディアでは「大学生の団体や市民団体が
中心になった」と報じられている。しかし、背後にいるのはただの民間組織ではない。
元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏は言う。

「設置運動の実際の主体は、慰安婦問題で反日運動を展開してきた挺対協
(韓国挺身隊問題対策協議会)です。別働隊として、学生や市民のグループを
使っているだけ。また、ほとんどの慰安婦像は制作者が同じで、デザインも同じです」

像の制作者とは、彫刻家のキム・ウンソン、キム・ソギョン夫妻で、韓国では英雄視
される存在だ。夫のキム・ウンソン氏は韓国のニュースサイト「オーマイニュース」
(2016年11月7日付)にこう答えている。

〈2011年1月に、日本大使館の前を通り、水曜集会(慰安婦問題の抗議集会)を
見て驚いたのです。『こんな集会を今までやっていたのか』と思った瞬間に、
とても申し訳ない気持ちになりました。(中略)挺対協を訪ね、『私たちができることが
ありませんか。すまないという気持ちを減らしたいと思っています』と話したのです〉

それがきっかけで、挺対協の後押しで像を制作することになったという。
韓国問題に詳しいジャーナリストの織田重明氏はこう言う。

「関係者に取材したところ、挺対協が基金をつくり、そこに集まった寄付金が制作費に
あてられているとのこと。この夫婦が単独でやっているのではなく、挺対協と一緒に
各地に設置しているのです」

本誌は韓国に住む夫妻を直撃したが、「どの雑誌であれ、日本のメディアの取材には
応じられない」と言うだけだった。

慰安婦像の制作費用は1体300万円とされ、夫妻のもとには「もう少しリーズナブルな
小さいサイズの慰安婦像を作ってほしい」という依頼が各地から殺到しているという。

「挺対協の集会などでは、おみやげ用の慰安婦像のミニチュアを販売しています」(前出・前川氏)

こうなると“商売”のニオイさえ漂ってくる。

(以下リンク先で呼んでください)

http://www.news-postseven.com/archives/20170117_484329.html


2:2017/01/17(火) 08:43:51.68 ID:
ほんとにクソだなw 常識が通用しない、自己陶酔したような勝手な論理で自己主張を押し通す…
こんな国を相手にしてたらフェアプレイも礼儀も道徳もなにも歯が立たない。
当たり前の正論を言ったほうが糾弾されて強烈な反感を買うなんて、こっちの頭がおかしくなる。
狂ってる国としか考えられない。人間ならこんな隣人とはかかわりたくないし友達にもなりたくない。
困ったもんだよw
3:2017/01/17(火) 11:27:28.52 ID:
ちゃんとシリコンゴムでつくってあるんだろうな?w
4:2017/01/17(火) 14:29:15.28 ID:
某所も精巧に出来てたりしてw 

元スレ: