1:2017/04/02(日)07:01:44 ID:
◆米政府、アサド政権退陣求める政策を転換 大統領報道官「シリアの将来はシリア人が決める」
[産経ニュース 2017.4.1 21:12]


 【ワシントン=加納宏幸】スパイサー米大統領報道官は3月31日の記者会見で、
オバマ前大統領がシリア和平のため求めてきた同国のアサド大統領の退陣に関し、
「シリアの将来はシリア人が決める。受け入れなければならない政治的現実が
ある」と述べ、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)掃討を
優先するため前政権の政策を転換すると表明した。

 アサド氏の地位に関し、ティラーソン国務長官は30日、トルコでの記者会見で
「シリアの国民が決めるだろう」と述べていた。また、ヘイリー国連大使も同日、
「アサド氏を退陣させることはもはや優先事項ではない」と語った。

 スパイサー氏はアサド氏の退陣に当面は固執しないというティラーソン、
ヘイリー両氏の発言を「シリア国民が置かれている現実を反映している」とし、
トランプ政権の方針であると確認。今後はIS掃討を最優先の課題とし、
有志連合やシリア、イラクでISと戦う現地部隊とともに取り組むと強調
した。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/world/news/170401/wor1704010051-n1.html


2:2017/04/02(日)07:08:53 ID:
やっとまともになったな
だけど、間違いに対し勇気をもって訂正したことは、評価されるべきだと思う

いまだにTPPに固執する日本政府とは大違いや。日本は、ただ自分の間違いが認めたくないだけでTPPに固執しとるわ
3:2017/04/02(日)09:14:18 ID:
今更ぶん投げるのも無責任すぎやしないか?
4:2017/04/02(日)09:34:02 ID:
>>2
TPPに固執?
よく分からないのなら発言しない方がいいよw
5:2017/04/02(日)09:54:58 ID:
アメリカの全面的な後退なのか?それとも東アジアに
軸足を移すのか?
6:2017/04/02(日)09:58:02 ID:
>>5
基本的に、今のアメリカの姿勢は「アメリカ第一」
モンロー主義的だから、対外活動を全面的に縮小するとは思うよ。そうしない理由が無い
7:2017/04/02(日)10:16:38 ID:
んーこれって既定路線やろ、マッサカーの展開なん?

トランプ: アラブの春、斬首作戦やめやめ^^難民でるだけやがな、なーんもええことあらへん
プーチン: 選挙管理軍やるで^^

みたいなかんじ?
8:2017/04/02(日)10:22:27 ID:
野間がTwitterで断言した自己紹介的宣言は、
毛沢東の以下の言葉が容易に導かれる。

「革命とは、客を招いてごちそうすることでも無ければ、文章を練ったり、絵を描いたり、刺繍をしたりすることでもない。
そんなお上品でおっとりとした雅やかなものではない。
革命とは暴力である。
一つの階級が他の階級をうち倒す、激烈な行動なのである。」
(毛沢東選集より)

紅衛兵たちは毛沢東語録を高々と掲げながら乱暴の限りを尽くした。
だが、紅衛兵は異階級間の闘争などせず、
ただただ言いがかりを浴びせて相手を攻撃した。
紅衛兵から被害を受けた者たちは、
決して紅衛兵が貼り付けた罪など無く、良識ある人々だった。
野間とその一味も全く紅衛兵の心理と行動を継承している。

http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490572922/
9:2017/04/02(日)10:22:36 ID:
難民を受け入れないこととアサド政権の退陣は矛盾しているので、どっちを優先するかと言えば難民拒絶だろう
選挙戦前から分かってる人は分かってたと思う
10:2017/04/02(日)10:26:46 ID:
>>7
アサド政権を退陣に追い込むため、アメリカの前政権は大量の武器を反政府軍に送ってる
(なおその武器をISISが使用している模様)

アサド政権の退陣政策を転換するなら、アメリカは大義なき行動を取っていたと認めるようなもので、
(実際大義は無かった)自分たちの失敗を正面から認めたと言える。そういう潔さには驚きを感じる