1:2017/11/11(土)18:28:52 ID:
[ロンドン 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国が対外債務危機に陥るリスクはないと言えるもっともな理由は数多くあるが、
それらは十分ではない。
中国の防衛策には目を見張るものがある。外貨準備高は9月時点で3.1兆ドルあり、年間国内総生産(GDP)の優に4分の1に匹敵する。
かなり厳格な資本規制との組み合わせで、政府は人民元の暴落を恐れなくて済む。
そのうえ、堅調な経常黒字によって、中国は海外投資に頼る必要がない。国際通貨基金(IMF)は、同国の経常黒字は今年、GDP比2%になると予測している。

また、経済成長率6%というのはパニックを回避するには十分な伸び率である。とりわけ、共産党大会で故毛沢東主席のような絶対的指導者の地位を手に入れたばかりの習近平国家主席が率いる中国政府には、不良債権にあえぐ銀行再建への十分な権限がある。
だが、それで大丈夫かと言えば、全くそんなことはない。
ドイツのメルカトル中国研究所(MERICS)向けに最近発表されたメモのなかでビクター・シー氏が説明しているように、中国は壮大で広範囲に及ぶ金融危機に自ら踏み込もうとしている。カリフォルニア大学サンディエゴ校の教授であるシー氏は、最悪の事態を予想してはいないものの、同氏の調査結果は不安を感じさせる内容だ。

第一に、中国では債務があまりにも急に拡大している。2015年から2017年5月の期間に、債務は対GDP比で295%から329%に増加。
シー氏が「ねずみ講部隊」と呼ぶほど膨れ上がっている。
個人や企業は、利子の支払いを滞納しないようにするためだけに借金をさらにしなくてはならない状況だ。(略)世界にとってもっと厄介なのは、中国の外国資本規制と外貨準備高が、世界金融危機を防ぐ防衛手段として不十分かもしれない、というシー氏の指摘だろう。
不吉な前例がすでにある。2014年初めから3年もたたないうちに外貨準備高は4分の1減少した。人民元安と資本流出がその原因とみられる。
規制は再び強化され、資本流出ペースは鈍化し、ドルは上昇したが、中国で資本逃避が起きやすいことは明らかだ。(略)

高い対外債務と比較的控えめな外貨準備高、そして大規模なキャリートレードは「ボラタイルミックス」と言える。
危機が起きれば、「大暴落に続いて強烈な金利上昇」が起きるとシー氏は予想する。そうなる可能性を認識していても、
外貨の貸し手の移り気ぶりが増し、外国に資金の安全な逃避先を求める機運が中国国内で高まるだけであり、 したがって問題発生率も上昇することになる。

強固に見える危機防衛策に対する中国の誤った管理は、3つの教訓を示唆している。たとえ本格的な危機が回避されたとしても、それは真実をはらんでいる。

第一に、貸し付けはコントロール不能に陥る傾向が強い。(略)
第二に、中国がどれだけ努力しても、国際的な経済ハブとなることと、金融的「孤島」であることの両立は容易ではない。(略)
そして最後に、金融と経済のあいだに本末転倒がよく見られることだ。中国は経済のしもべとして金融を手なずける
チャンスを得たかに見えたが、長くは続かなかった。これまでのところ、貸出と(紙幣)発行以外の手段は取れていない。
外貨準備高の減少はパニックを悪化させるリスクとなる。

危機が遠からず起きれば、中国当局は国外に影響が波及するのを阻止すべく自国経済の再編を迫られるだろう。
理にかなうのは、逆方向に向かって変わることだ。
つまり、経済を助けるために金融を調整するのである。だが最近の世界金融システムは、理性的とだけは呼べない状況だ。

(以下略)

ロイター/11月11日
http://jp.reuters.com/article/column-china-crisis-idJPKBN1DA0MW

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 77◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509427909/


応援よろしくお願いいたします!→


最近の人気記事 アンテナサイトを通ります



2:2017/11/11(土)18:30:29 ID:
で、いつになったら変動相場に変えるの?
4:2017/11/11(土)18:39:22 ID:
この手の議論の基になる数字に信頼性が無いから、無駄なんだよなぁ
13:2017/11/11(土)19:46:23 ID:
>>4
共産主義国じゃ、ほんとうの数字を上げないのが常識だもんな。
まあ、それをやったから、「大躍進運動」で多くの餓死者が出たんだし。
5:2017/11/11(土)18:44:37 ID:
中国はいざとなったら何でもありだからな
とんでもない方法でなかったことにするかもしれん
6:2017/11/11(土)18:50:19 ID:
膨らみ過ぎた負債を減らす為に大枚はたいて購入した資産を返済の為に二束三文で売り始めてからが本番らしい
日本とは制度が違うから何とも言えないが
7:2017/11/11(土)18:51:03 ID:
どこのツケがいってるのかちゃんと調べて見つけないとヤバイかもね
9:2017/11/11(土)18:58:29 ID:
通貨で言えば既に崩壊しているんだけどね
人民は皆、人民元を持たず政府の管理されない仮想通貨に頼りっきりだし
商談もほとんど外国口座で国外通貨の振込みで済ませる
もはや人民元紙幣の活躍の場がまったく無い
11:2017/11/11(土)19:12:38 ID:
>>9
電子マネー決済が流行ってるのもビットコインとかに移行してるからやろなぁ
10:2017/11/11(土)19:00:30 ID:
2008年頃から債務が増え続けて数年で2倍とか言ってたね
最初は中国内で次は中国に依存してるアジアが危険かな
もっとも悲惨なのは中国人かな格差がより酷くなるだろうね
12:2017/11/11(土)19:39:07 ID:
インフレバンザイ(笑)
14:2017/11/11(土)19:59:18 ID:
崩壊する時はするし
しない時はしない
経済の予測なんて占いと大差はない
何度も何度も言い続けて当たった時にスゴイとか言われるが偶然だぞ
15:2017/11/11(土)20:02:10 ID:
ルールを勝手に作り替えるから、そのうちどこの国も相手に・・。
トランプ=習近平2500億ドル超の商談契約 だめだこりゃ。
16:2017/11/11(土)20:03:55 ID:
まあ、日銀券がどうだの借金は嘘だの自由にばらまけとか言ってる
連中は、

あてにならない政府や日銀に文句垂れてないで
カネを使わないシステムをあんたらが作れば?
と思ったり

(カネで計算できる)稼ぎがなければ
課税されないしね
17:2017/11/11(土)20:20:30 ID:
カネに換算できない取引にも課税しようがない
18:2017/11/11(土)20:24:46 ID:
そっか外貨準備高は4分の1減少したのか。
崩壊もうすぐだね。
19:2017/11/11(土)20:33:22 ID:
幻にしたいみたいだから忖度してあげようよ()
20:2017/11/11(土)21:05:41 ID:
全然経済の知識ないけど今の雰囲気から
中国の経済崩壊はすぐじゃない気がするな
というか今日本がいい調子なので延命出来るならして欲しい気もある
マジで今の日本にとって中国の経済崩壊到来シナリオは日本の再復帰に対する癌要素だ

それに日本のバブル崩壊はどことなく今の時代では
やっぱり石油恐慌のように集団パニック的な崩壊なのではと
素人ながらにも思う

とにかく中国はくたばってくれてOKだが今はやめて欲しいというのが本心だな
21:2017/11/11(土)21:24:39 ID:
>>20
中共の経済システムが崩壊しても巨大市場はそのままやで
イギリスやロシアが何で強力に中国を支援し続けるのかと言うと
中共が倒れたら速攻で草刈り合戦するためやで
日本も被害ばかり考えんで打って出るべき
22:2017/11/11(土)21:55:57 ID:
>>21
いいたい事はわかるけどそれでも焦げ付きが大量に出ると思うと
恐ろしい気がするな。日本バブルの比じゃない気がするし

それでも討って出よというのには共感するよ
中国危機半島危機は本気で迷惑
23:2017/11/11(土)21:59:08 ID:
ゼニなんて、タダの数字ですよ
と、必至に自称経済評論家は誰もが宣ってますから

こういうのを信用しない程度には
保守的です
24:2017/11/11(土)23:04:36 ID:
無いと思ってるのなら、認知バイアスだな
25:2017/11/12(日)00:04:43 ID:
ロイターが弱音上げ始めたってことは
ユダ金が湯水のように融資して支えても
崩壊が止められそうもなくなってきたってことかなw
26:2017/11/12(日)00:38:07 ID:
長くて読む気せんわー
ビットコインが暴落する話かと思ったわー
28:2017/11/12(日)03:00:51 ID:
>>26
今更ビットコインのCM流してる会社有るから笑うわw
27:2017/11/12(日)02:35:43 ID:
中国の経済指標はいい加減。
あれほど国土が広い中国なのに、1週間でGDPの数値をまとめられるわけがない。

僅かなほころびでも、中国経済がひっくり返る可能性があると思うわ。
29:2017/11/12(日)09:23:30 ID:
中国の『超限戦』マキャベリズムを舐めては危ういよ。日本を政治・経済、軍事で攻撃する為に、アメリカと渡り合うまで来ている、今のところ軍事はアメリカ軍が何とか助けて呉れるが、政治・経済は中国の露骨な侵略で被害甚大だ。


応援よろしくお願いいたします!→


最近の人気記事 アンテナサイトを通ります