1: 昆虫図鑑 ★ 2020/12/01(火) 07:50:27.05 ID:CAP_USER
中国の著者によって書かれた日本史の本——とても奇妙な作品のように思えますが、実は意外と興味深いものです。
我々が知っている日本の歴史を通して、当時中国との比較、現代中国への暗喩、日本に対する正直な気持ちなどが随所に散りばめられています。
この記事では、12月5日販売開始の新刊『明治維新の教え —中国はなぜ近代日本に学ぶのか』(中信出版日本)を一部抜粋して面白くなる「読み方」を紹介します。

(略)

しかし『明治維新の教え』の著者・馬国川氏は国と国民を守るため自ら強大な権力を手放した世界でも稀な例として、一人の日本人を挙げています。
江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜です。
日本では「江戸時代を終わらせた」「戦わずして逃げた」などの理由で評価が高いとは言えない人物ですが、
中国人ジャーナリスト馬国川氏の目には、「自ら権力を手放す」という世界でも例を見ない偉業を成し遂げた政治家だと同書には描かれています。

<「国家の転換」という重要な局面において、政治家は重要な役割を担い、しばしば難しい選択を迫られる。もっとも難しいのは、彼ら自身の進退である。
なぜなら、それは個人的な栄辱だけでなく、歴史の進展にも影響を及ぼすからである。徳川幕府最後の将軍・慶喜がまさにそうだった>

(略)

<自ら権力を手放して、潔く隠居を決めた「紳士」を、弱虫だと貶めることはできない。1868年、もし慶喜が新政府軍との決戦を決めていたならば、
日本の歴史は書き換えられていたに違いない。少なくとも明治維新はあれほど順調には進まなかっただろう。日本は長期的な内戦に陥り、敗北国家となっていたかもしれない。
慶喜が個人的権力のために戦わず、勇敢に一線を退いたことは、国家の進歩に大きく貢献した。彼の行為は英雄と呼ぶにふさわしいものである。
権力は、一度握ると手放せなくなる。歴史の舞台に立つ政治家には勇気が必要だが、それ以上に度胸を試されるのは、舞台から下りるときである。
特に19世紀半ば、徳川慶喜が自らその舞台から下りた英断には感心させられる。
当時、東方国家には、指導者と平和裏に交替できる民主制度がなかったため、政治家は政界で老死するか、他から追い出されるかであり、自らその権力を放棄した者はいなかった。
100年以上が過ぎても、政治家というのは、死ぬまで権力を手放さない(最終的には、暴君や国賊に成り下がってしまうことが多い)。
その意味で、勇退した慶喜は、日本の歴史における功労者であり、世界の政治文明史における偉人であると言えよう>

日本では負の評価が多い慶喜ですが、日本国外の人からこのよう客観的に評せられることで、「歴史観」の多面性を実感せざるを得ないのではないかと思います。
もちろん、現代の政治家を判断する上で「歴史的な視点」というものも忘れてはならないということも改めて喚起されるのです。


https://citicpressjapan.com/articles/detail/5656

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1606776627/

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
123: 八紘一宇は日本の国是 2020/12/01(火) 09:26:48.16 ID:w2L+AiMX
>>1
慶喜さん好きだけどなぁ
ちなみに実家には隠遁時代の慶喜さんが撮ってくれた曽祖父の写真があるw

136: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:35:05.83 ID:nf+EyO19
>>1
マッカーサーも昭和天皇が自らの命を引き換えに国民を救ってくれとかこんな皇帝はいままでおなかっただろ…って回顧しとったからな

144: 八紘一宇は日本の国是 2020/12/01(火) 09:40:58.31 ID:w2L+AiMX
>>136
泣けるのはマッカーサーに涙目ですがって食料を分けてくれないと死んでしまうと言った国民の数の中に台湾と半島の人間の分も入ってた事なんだよねぁ

きっと後2世紀くらい経てば聖帝として世界的に崇められると思う

149: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:45:44.52 ID:4vclVSN2
>>144
ところが日本が要求した食料が実際には多すぎてあまった事があとでわかって、マッカーサーに「日本人は統計に弱いのか」って言われた吉田が「統計に強かったらもともとお前らと戦争なんかしないよ」って言い返した機転しこ

2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 07:54:56.79 ID:LQwXJBrr
禅譲って中国の言葉だと思ってたが

35: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:22:59.99 ID:bPftjv+T
>>2
支那では同一政権内での禅定はあっても、政権が交代するほどの事態の時は常に内乱になって、
旧主派は徹底的に抗うのがあたりまえだからな
政権の禅譲なんてありえない

46: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:34:11.06 ID:nlE0EjrT
>>2
中国の禅譲だと後で殺されるパターンが多いからなあ
もちろん次の王朝がちゃんと保護した例もあるけど

51: マジカル☆コリア ◆JPCA8kV5sE 2020/12/01(火) 08:35:36.72 ID:4YTLtVJ/
>>2
王莽は一応、禅譲じゃない?
・・・形の上だけでは。
曹丕も形の上では禅譲だっけ?

134: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:34:00.72 ID:eOuNsX+g
>>51
けっこう優しめの禅譲だったような、献帝も余生を全うしてるし
まぁ曹操が献帝まつりあげそうなのを完全に排除してたんであえて弑逆する必要もなかったんだろうけど

108: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:10:47.16 ID:50hOccQr
>>2
堯舜禹だけだろ、美しく禅譲したのは。
その後の世代は全部禅譲という名の脅迫強奪、
日本と中国で同じ言葉でも意味合いが違うっての多いみたいだけど
今の中国だと禅譲ってのは美しい言葉ではなくて
脅迫して地位を強奪すること、なんだろうな。
企業のトップ交代劇とか、買収とか、団体会長の交代とか、政権交代とか。

4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 07:56:11.92 ID:eRgSM1pU
慶喜に負の評価が多いか?

7: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 07:59:38.43 ID:LQwXJBrr
>>4
多いだろ
戊辰戦争で江戸にトンズラこいたし

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 07:56:18.31 ID:ppq0CJBI
日本でも評価されてるだろ

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:00:01.92 ID:5MXFehPr
>>5
幕府が本気で戦ってたら、勝ってたのは間違いない。
製鉄所や軍艦を作る造船所、ナショナルバンクの原型も存在してた。他の藩とは、レベルが違う。

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:03:36.61 ID:eKBEShbd
>日本では負の評価が多い慶喜ですが


この記事書いたの日本人じゃないだろ

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:09:31.47 ID:uwpc5Zf+
>>10
支那の願望っぽいよね~

>>11
自分が逃げるために難民が渡ってる橋を爆破したり
戦時統帥権を少尉に渡す大統領を、どう思う?

95: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:01:03.73 ID:ZdBhYnn7
>>10
ただしいにほんごもつかえないのは
●ョンのもはんやなw

ばかそうだしひらがなでかいてあげたよ

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:09:19.84 ID:HzAmoyxl
評価云々はともかく慶喜はなんであんな行動を取ったのか理解が難しい
最終的なところはもうわからないのだろうな

22: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:15:11.48 ID:ZPvmbPvd
>>16
賢いだけに、戦って勝ったところで、反幕世論が盛り上がってる国を纏めれないと思ったんじゃないかなっと
無理やり押さえ込んだら暴君として歴史に不名誉な名を残すし、そんな強権で押さえ込むような余裕のある世界状勢でもなかったし

179: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 10:05:03.57
>>16
水戸藩の子孫で水戸学修めているんだから
反天皇なんかできっこないす

200: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 10:14:55.75 ID:6dl8TX6e
>>16
元々天皇親政の水戸思想だからじゃん。
孝明天皇と公武合体を進めていた。

公武合体派の孝明天皇が急死して、
14歳の明治天皇が突然討幕を打ち出した形で
不自然であれ錦の御旗が討幕になった以上
抵抗なんてするわけがない。

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:16:26.47 ID:4E8lS/Qu
日本の文化が独特なんだよ
徳川が日本にもたらした功績は評価されるべきものだよ
あの時代において最大の優れた治世を行ったといえるし、
江戸時代があったからこそ日本の近代化がスムーズに成し得た

26: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:17:16.07 ID:TKMPu/G5
中国と北朝鮮は中華皇帝の権威を共産主義に変えることで一応の安定を得た

ロシアはモンゴル帝国の後継者

30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:20:52.89 ID:DYkGo3G5
>とても奇妙な作品のように思えますが
まずここが大きな間違い。
日本には三国志を研究する人が大勢いるし、エジプト学者の吉村さんみたいな人もいる。
単に好きなものにのめり込んでそれを発表する、そこに国内外は関係ないんだけども。
どんな偏見を持っていれば、「奇妙」なんて言葉が出るのかね。

36: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:25:16.25 ID:ClXf8AAO
>>30
中国は戦前の日本は悪というイデオロギーでプロパガンダを展開しているから、まっとうに日本史、特に明治維新以降の日本史を中立的に研究している学者がいるのはおかしいんじゃね?

31: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:21:13.19 ID:TKMPu/G5
日本は天皇がいたから大政奉還が可能だった

中国や朝鮮は天皇がいない
権力を返すという発想がない

39: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:28:06.62 ID:Zg3UcOAv
慶喜はすごい決断をしたと思うよ
真似できんわ

111: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:15:11.35 ID:ZhHCWnsG
>>39
変わり者でエキセントリックな人だった

121: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:25:40.12 ID:+jstD55a
>>111
まあ間違いなく変わり者だろうな
普通の人だったら例え自分自身が内心どう思ってようが、沢山の部下とその家族、
何より徳川の歴史を背負った身で大政奉還なんかとてもできんだろう
それこそ場に流されて、江戸城を枕に討ち死にだー!とか言う方が簡単だ

133: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:32:58.42 ID:QIJC4tND
>>121
そういえば、昔いた会社で従業員の互助会の会長をやっていた時に、俺が「会社も大きくなったし、会社で休日に従業員集めてイベントをする時代でもないから、互助会は止めよう」って提案あいたけど、他の役員から「自分が役員の時に終わらすのは嫌だ」と反対されてズルズル続けたのを思い出したわ。
何かを終わらすには、始めるより大変かもな。

40: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:30:20.18 ID:4E8lS/Qu
日本と欧州の権力構造はとても似てる
権力と権威が分離しており、王朝としては神武が即位してからずっと変わってない
そもそも将軍は帝に任じられて治世をしているのだから、政権を返上するのが道理

47: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:34:19.94 ID:TKMPu/G5
>>40
天皇制は7世紀に創設された
それ以前は中華皇帝にハンコもらって権力の正当性を認証してもらっていた

西欧ならローマ法王に相当する

45: Ikh ◆tiandrU0uo 2020/12/01(火) 08:32:54.72 ID:wToDJjrA
ま、たしかに明治維新は偉大な改革であって、他国には簡単に真似が
できなかったねw 朝鮮の改革が遅れたのも、結局支配者の一族がギリギリまで
権力に執着したからだしねw

48: Ikh ◆tiandrU0uo 2020/12/01(火) 08:34:29.52 ID:wToDJjrA
偉大なる明治維新の精神をみならいつつ、今度は天皇中心の日本によって
アジアが解放されたという普遍的真理に従い、世界を改革せねばならないねw

52: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:36:42.61 ID:+jstD55a
俺も慶喜はすげーと思ってる
つーか何代も続いた専制君主一族のラストエンペラーが、逃亡も亡命もせず、一般人として
最後は畳の上で死ぬなんて世界史的に見てもあり得ないくらい稀な出来事だよ
世界中の独裁者は、みんな世間の復讐を恐れるからこそ権力にしがみつくわけで

75: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:50:51.36 ID:QaQGn70J
>>52
溥儀は?

86: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:55:46.91 ID:HMl3bFoo
>>75
退位したのと
退位させられた
の違いかと

まあ龍馬が暗殺されなければ慶喜首班の新政府ができたかもね

153: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:48:20.98 ID:9R7m6llu
>>75
刑務所にぶちこまれて、
何もかも失い、庶民に落とされていっしょうわを終えたが。

54: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:37:55.21 ID:TKMPu/G5
朝鮮の王は中華皇帝に権力の正当性を認証してもらっていた

中国とロシア(モンゴル帝国の後継者)は共産主義によって一応の安定を得た
朝鮮も本来ならば共産主義によって統治されるべき地域

56: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:39:11.58 ID:7ygIwTIQ
大権力者が引退して趣味に生きるとか羨ましいわw

57: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:39:44.93 ID:TKMPu/G5
韓国は表面上は民主主義を採用したが、あの国には天皇もローマ法王もいない
権力の正当性を認証する理論装置がない

だから権力の移行が上手くいかない
大統領が変わる度に易姓革命が必要になる

59: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:41:03.93 ID:a/nscYZ/
まあ、徳川慶喜が権力に固辞してたなら、既に国力で上回っていた李氏朝鮮が
日本に侵攻して、日本は韓国の植民地になってたってのは世界史の定説

66: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:45:38.99 ID:TKMPu/G5
>>59
19世紀初頭の朝鮮のGDPはアフリカと変わらなかった
世界で最も貧しい地域の1つだった

68: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:47:06.94 ID:4E8lS/Qu
>>66
今でも貧しいんじゃね北は
南は日本に寄生して成り立ってる

62: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:43:43.05 ID:TKMPu/G5
秀吉が朝鮮なんかで遊んでないでアメリカ大陸を征服していれば、今頃日本人の天下だった
天皇を中心とした平和な世界が実現していた

その可能性は十分にあった
痛恨の極みである

63: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:44:25.72 ID:7ygIwTIQ
>>62
ねえよ

71: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:47:48.28 ID:TKMPu/G5
>>63
16世紀の日本にはその程度の国力はあった
世界最強の軍隊を持っていた

秀吉が朝鮮なんかで遊んでないでアメリカ大陸を征服していれば、今頃日本人の天下だった

65: ぴらに庵 ◆/oBAKA4wpQ 2020/12/01(火) 08:45:20.62 ID:J0fNMHcf
その全国版である「版籍奉還・廃藩置県」に続くの、だが?

67: マジカル☆コリア ◆JPCA8kV5sE 2020/12/01(火) 08:46:37.57 ID:4YTLtVJ/
シナでも劉禅が蜀漢滅亡後も安楽公として生き延びてるな。

・・・まあ野心のあるなしを疑われても「今が楽しい、満足している」と
言ってないと殺されてただろうけど。

70: Ikh ◆tiandrU0uo 2020/12/01(火) 08:47:28.54 ID:wToDJjrA
愚かなる朝鮮人は歴史的にはずっと中華王朝の属国で、近代になってからも
大国のあいだで翻弄され、日本に併合されて主権を失ってしまったりしたから
とりわけて権力への執着が激しいわけだろうねw しかし、あまり権力に執着するのは
亡者じみているねw

73: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:50:39.57 ID:TB3zskuT
流れる血は少なく済んだ
当人がヘタレか賢明だったかはともかく

続く明治維新は後の世にも評価できるだけにな
この劇的とも言える変化をこの程度の流血でスタートできたのは大きい

85: マジカル☆コリア ◆JPCA8kV5sE 2020/12/01(火) 08:55:42.07 ID:4YTLtVJ/
>>73
日本は街に城壁がないですからね。
これは文化的にも住民の大虐殺にはめったには発展しないってことです。
戦闘員同士の殺し合い以上には発展しないでしょう。

これがシナなら屠城(町の中での大虐殺)が普通。
太平天国の乱でも南京で官軍が南京城内の住民にやらかしてます。
王朝滅亡時に人口が1/3ぐらいに減るのが普通ですわ。

74: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:50:47.91 ID:OjmnnCL9
>「国家の転換」という重要な局面において、政治家は重要な役割を担い、しばしば難しい選択を迫られる。
>もっとも難しいのは、彼ら自身の進退である。
>なぜなら、それは個人的な栄辱だけでなく、歴史の進展にも影響を及ぼすからである。

お^ーい、キンぺー聞いとるかー?

76: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:52:09.71 ID:ZcdtnRzq
トップに立ってやりたい放題やることしか考えていない支那人には理解できんだろうな

81: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:55:18.61 ID:nwImkVJa
野田があと半年がんばっていたら、俺の会社潰れてた

152: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:48:07.08 ID:PyYmnL2S
>>81
たしかに野田は勇退っぽかったな
その後女々しいけど

83: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:55:23.23 ID:PDehaIUU
かなり現代人だよね
当時は不思議ちゃんだったろうに

96: ぴらに庵 ◆/oBAKA4wpQ 2020/12/01(火) 09:02:40.29 ID:J0fNMHcf
>>83
ぶっちゃけ、そのあと全国の大名が藩を明治政府に返却しているので
フォロワーが出てくる程度には当時として珍しくない行為だったとも言える

84: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:55:28.97 ID:3L8zWfe/
韓国が李朝化していくのと同様、中国も清朝化していくのが定めか

94: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 08:58:43.75 ID:+QYCPOF/
教科書のことでしか知らんけど悪人ではないわな

99: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:05:19.40 ID:QIJC4tND
心情的には味方になって倒幕側と戦ってくれている人間のことを考えたら余力を残しての降伏なんてあり得ないんだけど、欧米の脅威が迫っている時世でいつまでも内乱をしている場合じゃなと考えたら大政奉還もやむ無しってところだろ。
慶喜が大政奉還をしなかったifがどうなるかなんて誰もわからないから正解はないけど、是々非々で評価するのが妥当なのかね。

103: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:06:46.45 ID:Rl1arnob
幕府は朱子学を奨励してたから天皇家に逆らえなかったが正解

107: ぴらに庵 ◆/oBAKA4wpQ 2020/12/01(火) 09:09:51.09 ID:J0fNMHcf
>>103
あと水戸学ね
なにせ、徳川慶喜は水戸徳川家だし


つまり、江戸幕府を滅ぼしたのは水戸黄門

104: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:07:47.06 ID:3ylGVZqF
トランプに読ませろ。

110: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:11:49.16 ID:QIJC4tND
>>104
一般人が入手できる状況証拠だけでもバイデンは不正選挙真っ黒なのに、バイデン大統領はありえないわ。
まあ、本当にトランプが負けてバイデンが大統領になったら、その時は民主主義の正義が終わる時で、人類にとっては大きな歴史の転換期にはなるだろうな。

114: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:18:54.01 ID:4E8lS/Qu
>>110
アメリカは中国に負けるシナリオなんだろうな
グローバリストは中国に軍配を上げた

117: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/12/01(火) 09:23:04.97 ID:QIJC4tND
>>114
イデオロギーなんて関係なくて、賄賂と恫喝に屈しただけだと思うけどね。まあ、米のマジもんのポリコレは日本のパヨと同じで、本気で中国を理想の国家だと信じ込んでいるらしいが、そんなのは米国内でも少数だろうし。

スポンサーリンク