1: すらいむ ★ 2021/10/27(水) 16:49:14.55 ID:CAP_USER
謎だった家畜ウマの起源、ついに特定

 数千年前から、ウマは世界中の社会で重要な役割を果たしてきた。
 古代から耕作に力を貸し、人々を短い時間で遠くへと運び、戦場では兵士に闘いにおける優位性をもたらした。
 こうしたことを分かっていても、では家畜ウマはどこから来たのかというシンプルな疑問には、専門家はずっと頭を悩ませてきた。

 最近、2つの大陸の100人以上の専門家の尽力で、その謎がようやく解けたようだ。
 家畜ウマのルーツは「ロシア南部」にあるという答えにたどりついたのだ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナショナル ジオグラフィック日本版 10/27(水) 16:04
https://news.yahoo.co.jp/articles/076ec1f79902d9012175a7827e13d0040e7af9b7

引用元: ・https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1635320954/

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
76: 名無しのひみつ 2021/11/02(火) 19:11:09.63 ID:IyC0LpPy
>>73
印欧諸語については
欧州においては結構端っこで始まった言語なのに圧倒的に欧州を支配した
他の言語はタヒ滅した
だから>>1の結果と照らし合わせて興味深い

78: 名無しのひみつ 2021/11/02(火) 23:02:09.70 ID:sndQUgj9
>>76
自説だけど恐らく共通語として認識されたのもあるんじゃないかね
馬の家畜化によって機動力の高さを発揮した人達は盛んに地方の文化と交流をしていった
訪問される側から見れば優れた文化や道具等の技術があれば導入する際に言語もすんなり輸入する事になると思われる

8: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 17:22:49.18 ID:tHYm5A+A
いわゆる野生馬の集団はほとんど滅んでるし
特定できるような背景にないでしょ

10: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 18:07:41.79 ID:EkWO8GcE
わずか4、5000年でイヌに並ぶ家畜となったのか!それはすごいな

13: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 18:31:21.81 ID:/t5Q8YxZ
まあ、ロシア南部なら
コサックとかいるし、なんとなく納得できるな

16: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 18:46:32.83 ID:z/bR+9Zg
記事を読むと、ウマの家畜化は世界各地で始まったが、結局ここのウマが一番優秀で残ったって感じだな

だから、現生ウマの起源ではあるが、ウマの最初の家畜化ではない

17: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 18:49:05.18 ID:oxHD7DZS
>>16
それで正解

しばらく前に
有名どころが全滅してるデータが報告されてました

68: 名無しのひみつ 2021/11/02(火) 16:36:12.48 ID:IyC0LpPy
>>16
世界各地では始まってない
馬の家畜化自体がほぼ同じ所で始まった

馬の特徴として
 食肉獣としては肉が薄い
 労働獣としては気性が荒い
があるので家畜化は遅れた

では何故この地で家畜化が行われたかと言うと
ここにも書かれてるように馬は北米からシベリア経由やってきたので
寒冷地に強い獣で雪の下の草を食えた
だからこの地にピッタリの家畜だった

それがしばらく立ってから劇的に広まったのは
寒冷化があってこの地の印欧族が一気に南下したから
それと時代が合ってる

元の論文は読んでないが
科学論文だから妄想を逞しくして印欧族に言及なんかはしてないだろう
ただこの記事の取材には結構フランクに話してるようだから
印欧族の話が出てこないのは全くもっておかしい

そもそもこの研究は
印欧祖語の比較言語学的研究やクルガン文化の考古学的研究で
これまでも散々言われ続けてきたことを
ゲノム解析という生物学的研究でも再検証できたという話になってる

19: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 18:54:27.33 ID:Uqj+xkfk
荷車しか牽かなかった時代はどの血統でも大して変わらなかったので、各地それぞれの馬を使っていたが
戦車が登場して戦車を高速で牽く需要が圧倒的になり、他はおまけになった
で、実績のある戦車発祥の地の馬が戦車とともに世界中に広まった

こういうシナリオかと

69: 名無しのひみつ 2021/11/02(火) 16:37:07.86 ID:kQVSE3Hf
>>19
それと寒冷化の南下が関係してる

21: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 18:56:39.84 ID:3N2cZGav
もとはシマウマ並に反抗的だったんだろうなぁ

58: 名無しのひみつ 2021/10/28(木) 09:39:06.59 ID:1LmyagV/
>>21
シマウマは、実はシマロバ

23: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 19:06:43.44 ID:uqXqYZyz
ウズベキスタンのフェルガナ盆地って武帝に張騫も言ってただろw

24: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 19:13:27.26 ID:gnZ2rWnG
アフガニスタンの馬のサッカーみたいなのようつべで見たけどすごい
大河ドラマの合戦シーンがまったく心に響かない理由がよくわかった
馬を操る技量が日本人と全然違うわ
あの種目がオリンピックにあったらあのあたりの国が優勝だろうと思ったよ

27: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 19:25:59.10 ID:hAwqDrXy
ばんえい競馬で使われる馬が
原種に近いのかな? すっごい馬体でかいよね。

48: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 23:46:21.59 ID:pjAcP7eN
>>27
黒王号みたいな馬だらけなのか。

30: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 20:09:44.83 ID:JdWFXaPQ
ユーラシアじゅうに多種が分布してたのが家畜化のアイデア以前に
大型動物の宿命として狩猟でほぼ絶滅したんだよな
遊牧って原始的にみえて農耕から派生した生活スタイルなので
農耕文化とウマ生息域の出会いがその辺だったんでしょ

31: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 20:09:51.50 ID:7j1scJ5+
>家畜ウマのルーツは「ロシア南部」
じゃあ、ロシア南部の馬はどこから来たんだよ4

37: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 21:30:12.43 ID:I5fJpFSj
>>31
ウマ自体は北米原産のはず。
ベーリング海峡が繋がっていた氷河期にやってきた。

56: 名無しのひみつ 2021/10/28(木) 09:00:46.80 ID:GGl9HmM4
>>37
インディアンらは白人が持ち込むまで馬を見たことがなかったはずだが、絶滅したのか?

59: 名無しのひみつ 2021/10/28(木) 10:13:27.44 ID:xC9JlPOe
>>56
米大陸では一旦絶滅してしまった。絶滅時期はインディアンの先祖がアメリカにやって来たころと重なるので、彼らの乱獲が原因の一つではないかと言われている。

33: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 20:22:16.11 ID:e494wD09
ターパンとかモウコノウマとかは今は現生の家畜ウマの原種とは認められておらず
ターパンは絶滅しているが似た形質を集めて無理に「再生」してもやっぱりDNAは違い
モウコノウマに至っては「一度家畜化したものが逃げたもの」って結論だったか

一方でモウコノウマと似たり寄ったりの地域にいるが極めて少ないフタコブラクダ野生個体群は
家畜とはかなり塩基配列が異なっていて別種扱いになりがち
特にタクラマカン砂漠のものは腎臓の塩分排出能力が高いとか話があったな

40: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 21:41:37.93 ID:PBDmR0Ie
スキタイ人が鉄器と共に馬も運んだのか

74: 名無しのひみつ 2021/11/02(火) 19:08:54.25 ID:NMiAu37X
>>40

運んだんじゃない
アッシリアとの戦闘でスキタイに製鉄技術が伝わった
で、鉄を加工して馬の銜を発明して馬に乗って操縦することを可能にした
この技術は匈奴に伝わり、それから中国に伝わって農具が発達し、農作物の生産量が大幅に増加した
一方、日本には新羅経由で出雲に伝わった
新羅系朝●人の大帝国出雲王朝はこの技術によって大和を支配し今の中国地方から近畿を支配する大帝国を形成した
しかし北九州ルートで入ってきた百済から島流しになった罪人の君である邪馬台国の東征を契機に滅びた
なぜ滅びたかは謎。これは天皇の血統を担保するために一切の謎とされ、出雲王朝も一切歴史から封印された

44: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 23:19:02.76 ID:f4Rb+FTQ
メソポタミアで発明された車輪と組み合わさってチャリオットになり、西へ東へ
西ではエジプトでツタンカーメン王のタヒ因となり、東では周王朝で諸侯が戦争に用いた
日本には来なかった

47: 名無しのひみつ 2021/10/27(水) 23:42:39.35 ID:BXamoYUm
馬の起源は北アメリカ
アメリカでは滅んでユーラシアに渡った馬が改良されたと習ったが

63: 名無しのひみつ 2021/10/30(土) 17:28:30.92 ID:eIS5mDk4
>>47
マスタングが生きていけるくらいの環境があるのになんで北米には残らなかったんだろうね
あの草原環境が氷河期に完全に消滅してたなら他の北米の草原性の動植物が現存してるのと矛盾するし

50: 名無しのひみつ 2021/10/28(木) 00:09:01.66 ID:ayQ8D+rF
リンク先のネコのほうが面白い

61: 名無しのひみつ 2021/10/28(木) 12:57:30.21 ID:OWje10qL
ハミを発明した国にいた馬が起源なんじゃないのか

70: 名無しのひみつ 2021/11/02(火) 16:40:23.15 ID:IyC0LpPy
>>61
印欧祖語の研究でまさにここがその地であることが分かってた
その後考古学的にもゲノム解析でも検証された

71: 名無しのひみつ 2021/11/02(火) 18:18:31.26 ID:mVbKGoA+
印欧語族ってハプログループRの人たちだよな
紀元前2000~前1000年にかけてカスピ海北方からヨーロッパを征した

72: 名無しのひみつ 2021/11/02(火) 18:32:54.26 ID:sndQUgj9
ぶっちゃけy染色体やmtDNAのどれかのみで語っても単純な数の多さにのみ言及してるし民族的に網羅した事にはなりにくい
特徴なら色々当て嵌められるかも知れんけどもやっぱり核まで調べんと、そういった単一な結論によって誤解を生みやすい

73: 名無しのひみつ 2021/11/02(火) 18:34:59.80 ID:sndQUgj9
なぜかというと文化的に征した過程の中にも同化した事例のほうが多いから
言語を語る上でも特に重要な部分だぜ
牧畜はどの民族にもあった遊牧民的文化の更に発達したようなものだったろうし

スポンサーリンク