1: きつねうどん ★ 2021/12/02(木) 07:42:00.96 ID:CAP_USER
立憲民主党の「顔」でもあり、野党を代表する女性議員の1人でもあった辻元清美さんが10月の衆議院議員選挙で落選した。大阪の小選挙区19のうち、公明党が当選した4選挙区以外は全て日本維新の会が勝つという「維新旋風」をまともに食らった形で、比例復活もかなわなかった。
今回の落選を辻元さんはどう受け止めているのだろうか。11月中旬、大阪の地元で辻元さんにインタビューした。

女性議員が10%下回ったことに貢献してしまった…
 「一番つらいのは、女性議員が10%下回ったことに逆の意味で貢献してしまったこと。責任を痛感しています。
女性議員を1人でも増やしたい、若い世代に1人でも多く続いてもらいたい、政治を志している若い女性たちの道を閉ざさないようにと訴え、しんどいけどブルドーザーのように道を切り開かなければ、という思いで政治活動してきました。自民党を粘り強く説得してNPO法や男女共同参画社会基本法を作ったり、男性議員の指定席だった国対委員長を務めたり、『内縁の夫がいる』などのデ〇や変な合成写真を流す勢力と戦ったり。しかし、ブルドーザーを一度止めなくてはならなくなりました」

毎年各国の男女格差を示すジェンダーギャップ指数が発表されるたびに、日本のジェンダー後●国ぶりは議論になるが、中でも深刻なのは政治分野の格差だ。2021年に発表された順位は156カ国中147位と、前年の144位よりさらに後退。大きな要因として衆院議員における女性議員の少なさが挙げられるが、今回の衆院選でさらに女性の比率は低下した。

しかも今回は、男女の候補者数はできる限り均等を目指すことを原則とした「候補者男女均等法」が成立して初めての衆院選だった。にもかかわらず、与党を中心に女性候補の数は増えず、候補者に占める女性は17.7%。当選者は9.7%に止まり、前回衆院選の10.1%からも減少した。

「女、女と言っているから落ちたんだ」
しかし辻元さんは、選挙戦序盤は手応えを感じていたという。
「今回の選挙で反応が良かったのは圧倒的に女性。街頭で演説をしていると、女子高校生がビラを取りに来てくれて『初めての選挙で辻元さんに入れます』と言ってくれたり。
森発言(元五輪組織委員会会長の森喜朗氏による女性が入る会議は長くなる、五輪委の女性理事は『わきまえている』などの一連の女性蔑視発言)の影響もあって、女性たちは『わきまえない』ことが国際基準なんだ、これまで我慢していたことを我慢しなくていいんだと気づいたと思うんです。自民党総裁選に高市(早苗)さん、野田(聖子)さんの2人が出たことも大きかった。
そういう気づきが特に若い女性たちを覚醒させている、みたいな手応えはあったんです」

辻元さんは今回の選挙戦の大きな争点として、ジェンダー平等を掲げて訴えた。10月23日には立憲民主党の蓮舫参院議員も駆けつけ、JR高槻駅前で「#女性の声が政治を変える」という街頭演説会も開いた。近隣自治体から多くの女性地方議員が集まり、リレートークを展開した。

だが、選挙戦が終わった時、男性たちから「女、女と言っているから落ちたんだ」「あんな女の集会をやっているから」などという声を浴びせられた。

「そう言われたことは、本当にショックでした。私はいつか女性総理を誕生させたいと思っているので、女性議員を増やしたい、ジェンダー平等を推進することが社会の矛盾を解決すると強く訴えました。
でも、ジェンダー平等という政策はなかなか有権者に届きにくかったし、むしろ反発される感じもあった。世の中は強く、マッチョなものを支持する風潮があるのかと思ったり。選挙戦序盤に感じていた希望が押しつぶされていくような、これまでで一番つらい選挙になりました」

維新は最初から自民より辻元議員を狙い撃ち
辻元さんの選挙区である大阪10区は大阪や京都のベッドタウンである高槻市と島本町で構成される。島本町は町議会の議員が男女半々という「男女同数議会」で知られるが、その島本町では辻元さんは維新、自民の両候補を抑えてトップだった。
辻元さんは選挙終盤、「大阪10区は最後の砦」と訴えた。そこには「維新を止める」砦という意味のほか、自分が落選すれば大阪の衆院議員は全員男性になるという思いも込めていた。

2: きつねうどん ★ 2021/12/02(木) 07:42:22.35 ID:CAP_USER
 一方、維新は最初から敵は自民党候補でなく辻元さんだと狙い撃ちしてきたという。選挙戦の間、維新の松井一郎代表や吉村洋文・大阪府知事などが何度も10区に入った。
「10区をとれば『完全制覇』という勢いでした。維新は自公政権批判はせず、徹底的に私を攻撃することで、野党が野党を叩くという構図をつくりました。鈴木宗男さんは辻元は『頭に虫がわいている』『人でなし』という内容をマイクでがなり、吉村さんからは『辻元は何も仕事していない』などと個人攻撃を受け、他の地域からも維新の府会議員などが何十人も入ってきて駅をジャックされ、何としても10区で私を勝たせまいという力を感じました。一方の自民党も安倍元総理や麻生さん、河野太郎さんまで大物が次々応援にきました。

本来、この選挙で問われるべきだったのはコロナ対策や、公文書改ざんなどを繰り返した自公政権の4年間、そして今後の日本の行く道でした。けれど自民党右派と維新に挟み撃ちにされ、戦いにくさもあり、『辻元を国会から追い出すんだ』という勢力に撃ち勝てませんでした」

「野党第1党病」という反省
それでも反省はある。
「有権者は与野党伯仲ぐらいを望んでいたと思うんですが、野党第1党として『政権交代』と言わざるを得なかった。民主党政権時代の幻想、私たちは一回政権を担ったという思いを捨て切れなかった。そういう意味で、私たちには『野党第1党病』とも言うべき反省があります」

 辻元さんは今回の選挙前から女性議員を増やすためには、選挙制度の見直しが必要と訴えていた。いつ解散総選挙があるかわからないという衆議院の小選挙区で戦う過酷さが、女性の立候補を阻んだり、議員活動の継続を困難にしていると痛切に感じているからだ。
「小選挙区比例代表並立制の小選挙区は女性が不利だと感じています。1年中24時間地元の活動をやっていないと落とされるという恐怖心と戦いながら国会で働く点では男性も一緒ですが、男性議員の場合妻が家事や子育てだけでなく地元周りも受け持つのが従来モデル。多くの女性議員は日常の生活、子育て、介護などをしながら、地元と行き来して議員活動を続けている。(国会での)質問準備などで深夜に帰宅したあと、洗濯機を回しながら、地元に帰るためにスーツケースに着替えを詰めるだけでふらふらです。地元では私も両親と3人暮らしなので、病院のつきそいとか家の掃除洗濯とか……。この差は大きいと感じます。

それでも世襲議員であれば地盤もお金もある。お金があればシッターも雇えますが、お金も地盤もない普通の女性が議員になり、子育てなどをしながら続けるのは本当に厳しい。家族の理解を得るのが大変、という人も多いです」

働き方の過酷に加えて、有権者などからのハラスメントにも晒される。改正候補者男女均等法では、女性が政治家を目指しやすい環境を整えるために、セ●ハラ・マタハラ対策を盛り込んだが、それでも政治家が有権者から「1票の力」をちらつかされて嫌がらせを受ける票ハラスメント(票ハラ)は後を絶たない。

女性議員に対する執拗な攻撃・金銭問題
さらに、と辻元さんが挙げたのは、「女性議員に対する執拗な攻撃」だった。

「政治家の本来の仕事は政策をつくり実現することなのに、国会ではどうしても権力闘争になる。私も国会の前線で安倍政権と戦い、大阪では橋下さん、松井さん、吉村さんらを相手に大阪都構想などを巡って維新とも戦ってきました。
そうやって目立つ女性議員は特にネット上のミソジニーに晒されます。デ〇攻撃も含めて、日常的にDVに遭っているような状態で、それが続くと精神的にもきつい。それでも議員は弱気を見せてはダメだと思い、つらさも口になかなかできない。その呪縛からはまだ抜け出せていません」

3: きつねうどん ★ 2021/12/02(木) 07:42:28.22 ID:CAP_USER
個人攻撃されるのは女性だけのことではない。しかし、性的な攻撃による票ハラなども多く問題になっている Photo by iStock
もう一つの議員へのハードルがお金だ。衆院選後、1日しか活動していないのに、月100万円の文書通信交通滞在費(文通費)が全額支払われたことが明らかになり、文通費の見直し議論に発展した。ただ、「日割りで支払う議論はあってもよいが、何の経済的後ろだてのない議員、特に世襲でない女性議員が活動しようとすると、あのお金がないと難しい。例えば貯金もなく非正規で働く女性であっても、当選した瞬間から国会議員として働けるように、いろんな手当がついている。これを『特権』と攻撃することで、ますますお金持ちの世襲議員しか議員になれなくなるのではないかしら」と辻元さんは言う。

辻元さんは選挙区である高槻市、島本町で年に数回、自身の活動を知らせる国政報告のチラシを全戸に配っている。1回150万円。それとは別に年に2回全国の支持者に対しても活動報告を送っているが、その通信費も1回250万円かかるという。年に数十回の車座集会や、土日と月曜朝の街頭演説と国政報告配布、スタッフが様々な現場を調査するための交通費なども入れると、月100万円を全て議員活動に使っても足らず、要は活動すればするほど持ち出しになる。使ったものには領収書を提出するなど、報告義務を課すことで透明性は確保されると考えている。

働き方や金銭的な負担などを少しでも軽減し、政治家を志す女性を増やすためにも、先の選挙制度の見直しに踏み込むべきではないか、と指摘する。

「ヨーロッパの選挙制度は比例代表制が基本の国が多い。政党が専門性なども考慮してこういう人を出したいという人を順位づけする。そのほうが政策本位で仕事ができます。その上でクオータ制も必要。数値目標を義務化するか、クオータに近づけたら、政党助成金を多く政党に配分するなどのインセンティブをつくることが必要だと思います」

「辻元さん、諦めないで」
これから辻元さんは、どうしていくのか。
「コロナ対策で実績を挙げたニュージーランドのアーダーン首相は、『共感と参画』を掲げています。ポストコロナ時代は分断を煽る『闘争型』の政治ではなく、全ての人と共感をしようとする『共感型』の政治こそ求められていると思っていて、私も目指してきました。差別されたり不公平感を持ったり、男性に比べると暮らしの中でしんどい経験をしているのは女性の方が多いので、『共感型』政治には向いていると思うんです」

「今も街を歩くと、女性の方たちが寄ってきて『辻元さん、諦めないで』と声をかけてくれます。自分自身と重ねている女性もいるかもしれないと思うと、ここでブルドーザーを止める訳にもいかないのかな。女性議員を増やすためにも、あきらめなければ何度でもチャレンジできるんだ、と体現して見せることは後に続く人たちの勇気につながるかもしれない。今後はひとりの女性としてあの攻撃にさらされると思うとしんどいけど、きっといっしょにあらがってくれる人が出てくると信じています」

https://i.imgur.com/wDH0JM8.jpg
落選後に作った名刺。肩書きはなく、再出発への決意を感じさせる 撮影/浜田敬子

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/89890

引用元: ・https://pug.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1638398520/

スポンサーリンク



スポンサーリンク


スポンサーリンク
40: Ψ 2021/12/02(木) 09:14:48.47 ID:eUqeBccT
>>1
いや、お前が男だったらとっくの昔に表舞台から消えてたよ
女ってだけでこれまで生き残ってたのに、わかってないのか?

56: Ψ 2021/12/02(木) 13:56:19.61 ID:zAGO3JA/
>>1
女からも落とされた候補者

4: Ψ 2021/12/02(木) 07:43:18.46 ID:4UeRsw98
 
 
愛国を語るなどおこがましいただの俗物

やはり在の仲間だった
 
高須クリニック×豊丸産業、新パチンコ台「Pyes!高須クリニック~超整形BLACK~」が完成
 

7: Ψ 2021/12/02(木) 07:49:40.69 ID:RJheOTPv
自分の支持層がニッチで先細り
たぶん次もない

41: Ψ 2021/12/02(木) 09:25:51.82 ID:u8VjImfe
>>7
民主党政権時に、国交相の仕事をした。
辻元は少しばかりの国家運営を行う喜びを感じ、
政党を鞍替えして、少しばかりの愛国心を語る様になった。
おそらく、社民の女性のイメージが崩れ支援者が離れた。

12: Ψ 2021/12/02(木) 08:03:09.98 ID:/DvF8UQT
庶民生活ではなくジェンダー優先

そら落ちるわな
総括するなら現実見ないと

25: Ψ 2021/12/02(木) 08:24:00.64 ID:rPWHXJlH
違うね


大阪をローカル扱いしたからだぞ
国政からしたら大阪なんだと言っても
票は府民の票だからな
もう高槻の反日左翼票だけでは当選できなかったわけだ

28: Ψ 2021/12/02(木) 08:35:49.96 ID:HvVMyeKl
女は女の視点でしか物を見れないし自分の利益しか主張しない

31: Ψ 2021/12/02(木) 08:42:07.51 ID:YVaPjHK8
>>28
自民の杉田水脈とか女性議員だからいいんかね

33: Ψ 2021/12/02(木) 08:42:50.89 ID:y8E6nDbT
優秀な女性議員ならWelcomeですが
前科者は男女問わず必要ありません

35: Ψ 2021/12/02(木) 08:53:50.64 ID:PCujypz7
一般人の愚痴も記事になるのか
平和だなー

37: Ψ 2021/12/02(木) 09:10:33.55 ID:UH5M/utI
比例復活すらできなかった事実をもっと真面目に考えろよ

38: Ψ 2021/12/02(木) 09:13:00.85 ID:hNNG/dsv
>『内縁の夫がいる』

 これは初耳 広めなきゃ

43: Ψ 2021/12/02(木) 09:27:20.33 ID:u8VjImfe
>>38
野田聖子の旦那を紹介したのは辻元と言われるよ。
そういう繋がりがあるんだろうな。

49: Ψ 2021/12/02(木) 10:26:05.46 ID:iJx3W1Zs
>>38
内縁の夫がいたって悪いことじゃないけど
なんたって元赤軍派だからな
内縁であろうとなかろうとテ口リスト人脈があることを選挙民がどう思うか

45: Ψ 2021/12/02(木) 09:52:01.88 ID:WmuBdUYk
口を開けは二言目には「辞任だ」としか言わないせいだ
次もない

48: Ψ 2021/12/02(木) 10:22:01.99 ID:iJx3W1Zs
女の投票率が低いわけじゃないんだから、女からも支持されてないってことでしょ
女だからと投票するほど、一般の女は馬鹿じゃない
辻元こそ一般女性を馬鹿にしてるんじゃないのか

53: Ψ 2021/12/02(木) 11:21:08.86 ID:OpB74xpp
もう男か女かで区別する時代じゃないって枝野さんも言ってた

55: Ψ 2021/12/02(木) 12:24:20.12 ID:z75+0aF4
キーキーと叫ぶだけでは 当選しないぞ

甲高い声は、初めての方には印象的だが 耳障り

58: Ψ 2021/12/02(木) 16:01:27.81 ID:EYi0yQW3
維新を見てみろよ
文通費問題にクーポン経費
ちゃんと野党らしい事をやってるだろ
それに比べて辻元ときたら
国会はワイドショーじゃないんだよ
女性って言うなら女性目線の提案をしろよ

59: Ψ 2021/12/02(木) 17:36:49.10 ID:q9oMsgFN
女であることをウリにしてきたくせに

 
スポンサーリンク