ブログパーツ




中国ニュース

効いてる効いてる・・・ってことなのか?【中国軍艦領海侵入】焦りの表れ、締め付け奏功 思考回路は世界の非常識[H28/6/16]

1:2016/06/16(木)06:45:49 ID:
 日米両国と友好国による中国包囲網の締め付けが相当効いている。焦っていると言ってもいい。
鹿児島県・口永良部島周辺の領海内での中国艦艇の動きや、中国外務省の常軌を逸した発言の数々がその証左だ。

 挑発に乗らず、中国側の意図を慎重に見極める日本政府の対応は理にかなっている。
ただ、偶発的な衝突を避けるためにも、中国軍部と外務省の思考回路が世界の非常識であることを、
外交の舞台で上品に、しっかり教える必要がある。

 同時に、主権を犯す国際法違反事案には、毅然とした対応が求められる。

 軍艦艇の動きだけではない。取り乱したかのような外交当局の言動は、
民主国家による包囲網の効き目を皮肉にも物語っている。

続き 産経ニュース 全2ページ
http://www.sankei.com/world/news/160616/wor1606160006-n1.html
続きを読む

その前に国営企業の実態を中国共産党が把握しているのか?【国際経済】IMFが中国に提言「国有企業のリストラ加速を」 H28/6/15

1:2016/06/15(水)17:50:21 ID:

 産経新聞(共同)によると、国際通貨基金(IMF)のリプトン筆頭副専務理事が14日、北京で
記者会見の際に、中国国有企業のリストラ加速を提言した。
 氏は、中国の構造改革は一部で進んでいると評価したが、債務抑制や国有企業改革が遅れていると
語ったという。
 詳細は産経新聞(共同)で。
 
※共同配信ですが今の所、報道は産経と産経ビズだけでした。


>IMFが中国に提言「国有企業のリストラ加速を」
2016.6.15 07:47 産経新聞(共同)
http://www.sankei.com/economy/news/160614/ecn1606140037-n1.html
続きを読む

全方向に喧嘩売って孤立状態・・あ、韓国がケライだったかw【軍事】中国軍がインド北部に侵入 領有権主張、日米との連携強化に反発か[H28/6/15]

1:2016/06/15(水)19:19:56 ID:
 【ニューデリー=岩田智雄】インドと中国が領有権を争い、インドの実効支配下にある
印北部アルナチャルプラデシュ州に今月9日、中国人民解放軍が侵入していたことが分かった。
印国防省当局者が15日、産経新聞に明らかにした。
中国は、インドが日米両国と安全保障で連携を強めていることに反発し、軍事的圧力をかけた可能性がある。

 中国兵約250人は、州西部の東カメン地区に侵入し、約3時間滞在した。
中国兵は3月にも、中印とパキスタンが領有権を主張するカシミール地方でインドの実効支配地域に侵入し、
インド軍とにらみ合いになっていた。
アルナチャルプラデシュ州への侵入は、最近約3年間、ほとんど確認されていなかったという。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160615/wor1606150032-n1.html
続きを読む

何を今更感。勝手に悶えてください。【国際】アメリカでの中国高速鉄道中止ー決断でき羨ましい・インドネシア鉄道関係者[H28/6/15]

1:2016/06/15(水)08:16:25 ID:
 2016年6月13日、米企業エクスプレスウエストが中国鉄路公司との
高速鉄道建設計画(ロサンゼルス―ラスベガス間)の中止を発表したことについて、
インドネシア鉄道関係者は感想を述べた。

 「中国人民日報は『中国の高速鉄道は、車両の製造、建設、運行システムは
世界の注目を集める成果を上げており、コストパフォーマンスでも世界一優れている』と伝えていますが、
単なる自画自賛です。それは、中国製プロペラ旅客機MA60を導入した国が後悔しているのと同じです。
アメリカは大国で中国と対等に渡り合え、早期に中止を決定できて羨ましい。
ジャカルタの地下鉄工事を建設中の日本は、謙虚な態度です。

続き Global News Asia
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=3487


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 47◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1465212155/685
続きを読む

効いてる効いてるw【緊迫・南シナ海】中国駐英大使「当事国以外が紛争を挑発するのは愚か」英紙に寄稿 日米の介入を牽制[H28/6/11]

1:2016/06/11(土)20:23:27 ID:
 【ロンドン=岡部伸】中国の劉暁明駐英大使が10日、英紙デーリー・テレグラフに寄稿し、
南シナ海の領有権問題で近く示されるオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所の判断を念頭に、
「当事国以外が介入して紛争を挑発するのは愚かで、フィリピンは交渉による解決に戻るべきだ」
と述べ、日米の介入を牽制しながら当事国間協議で解決を目指す方針を強調した。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160611/wor1606110035-n1.html
続きを読む
憂国あんてな・嫌韓ちゃんねる
ギコあんてな
楽天市場
Amazonライブリンク
おすすめ






ranking
メッセージ

名前
メール
本文