ブログパーツ




領土問題

こいつら自由とかわかってないなw【軍事】中国国防省「航行の自由に合致」…軍艦領海侵入[H28/6/15]

1:2016/06/15(水)23:22:02 ID:
 【北京=竹腰雅彦】中国国防省は15日、中国海軍の情報収集艦が鹿児島県沖の
日本の領海に入ったことについて、「(屋久島、種子島と奄美群島付近の)トカラ海峡は、
国際航行に使われている海峡であり、中国軍艦の通過は、『国連海洋法条約』に
規定された航行の自由の原則に合致する」との談話を出した。

(略)

続き 読売新聞・会員記事
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160615-OYT1T50159.html
続きを読む

外交儀礼無視は当然。国家主権の問題。【尖閣接続水域侵入】緊迫の一夜、そのとき官邸は…外交儀礼などに構ってられない[H28/6/11]

1:2016/06/11(土)09:42:26 ID:
中国軍艦が尖閣諸島の接続水域に突然侵入するという初の事態に、9日未明の日本政府はかつてない緊張に包まれた。

不測の事態ありうる

 9日午前1時ごろ、都内の議員宿舎で就寝していた官房長官の菅義偉(すがよしひで)は、
携帯電話の着信音でたたき起こされた。電話口の秘書官が告げた。

 「接続水域に入域…」

 菅は眠気が一気に覚めた。万が一、領海に侵入すれば、不測の事態もありうる。
戦後日本が経験したことのない重大危機に直面するかもしれない-。携帯電話を握る手に思わず力が入った。

続き 産経ニュース 全3ページ
http://www.sankei.com/politics/news/160609/plt1606090057-n1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 47◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1465212155/381
続きを読む

あと、沖縄2紙もね♪【政治】中国軍艦侵入にもだんまり…翁長沖縄県知事、発言なしですか[H28/6/11]

1:2016/06/11(土)09:28:10 ID:
【編集日誌】
中国軍艦侵入にもだんまり…翁長沖縄県知事、発言なしですか

 中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域に初めて侵入したことに、
沖縄県石垣市の中山義隆市長は「非常に強い危機感を持っている」と述べました。
尖閣を行政区域に抱える市政トップとして当然の反応でしょう。
対照的に何もコメントしなかったのが翁長雄志知事でした。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/160611/plt1606110020-n1.html
続きを読む

放火には十分注意してほしい【政治】韓国の不法占拠の実態を世論に喚起、竹島資料収集施設が6月1日開館へ 島根[H28/5/29]

1:2016/05/29(日)22:21:08 ID:
 韓国の不法占拠が続く竹島(島根県隠岐の島町)の調査、研究拠点となる
「竹島資料収集施設」(久見竹島歴史館)が同町の久見地区に完成し、披露式典が29日開かれた。
6月1日に開館する予定。同町は、竹島に関する証言や資料の収集などを進めるほか、
韓国による不法占拠の現状に対する世論の盛り上がりを期待している。

続き 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/160529/wst1605290039-n1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 46◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1464356916/184
続きを読む

手をふってやれ 【緊迫・南シナ海】中国機2機、南シナ海で米軍機に15メートルまで接近 米国防総省「危険」と非難[H28/5/19]

1:2016/05/19(木)08:28:37 ID:
◆中国機2機、南シナ海で米軍機に15メートルまで接近 米国防総省「危険」と非難
[産経ニュース 2016.5.19 08:02]


 ロイター通信は18日、中国機2機が17日に南シナ海の公海上空で
警戒監視活動をしていた米軍偵察機の飛行を妨害したと報じた。
CNNテレビによると、15メートルまで異常接近したという。

 米国防総省は、中国機の飛行を「危険」だと非難。米軍機の「活動は
通常任務だった」と強調している。米側は外交ルートで懸念を伝えた。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/world/news/160519/wor1605190006-n1.html
続きを読む
憂国あんてな・嫌韓ちゃんねる
ギコあんてな
楽天市場
Amazonライブリンク
おすすめ






ranking
メッセージ

名前
メール
本文